超刻龍(メタパルサー) ファンロン/Metapulsar, Huang-long》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ギアクロニクル - ギアドラゴン/十二支刻獣 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れることができない)
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
(超越した時、ハーツ1枚のパワーとカード名を得る。このユニットは、ターンの終わりに表で戻る)
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、バインドゾーンからグレード1以上の表のカードを1枚選び、手札に加えるか(R)にコールする。

 真生の十二支刻獣で収録されたギアクロニクルGユニット

 ヴァンガードアタックしたバトルの終了時にカウンターブラスト(1)で、バインドゾーンから表のグレード1以上のカード手札に加えるかスペリオルコールする自動能力を持つ。

 効果と目標として選べるのは表のグレード1以上のカードという制約があるものの、バインドゾーンに置かれているカード手札に加えるかスペリオルコールして再利用することでアドバンテージを得られる。
 下準備としてグレード1以上のカードを表でバインドする必要があるが、《安眠を呼ぶギアタイパー》を併用すればドロップゾーンから、さらに《粉骨砕身の理想巨兵》を利用すれば山札からと組み合わせ次第で様々な領域から欲しいカードを調達することができる。

 誘発タイミングが重なる《スチームスナイパー リシュマ》とは相性が良く、バインドゾーン効果の目標として選べるカードがない状態からでも適当なグレード2のリアガードパワー7000のリアガードで形成された縦列の疑似スタンドが狙える。

 ドライブチェックユニットの重複処理の都合等からスペリオルコールアドバンテージを稼ぎにくい場合でも、手札に加えることでアドバンテージを得られる利点は大きく、守護者《スチームブレス・ドラゴン》等は手札に加える意義が特に大きい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • 「ファンロン」とは、「黄龍」の広東語での読み。配下の「四聖獣」は十二支とは関連があるとする説もあるが、どの十二支の十二生肖にも割り当てられてはいない。

FAQ 節を編集

  • Q2628 (2016-09-29)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2630 (2016-09-29)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2634 (2016-09-29)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ真生の十二支刻獣G-TD09/001 イラスト/KAZTO FURUYA全ての時よ。その長たる龍の導きに従いたまえ。
はじめようセットはじめようセット 真生の十二支刻獣