護天覇竜(ごてんはりゅう) インピード・ドラゴン》 節を編集

Gユニット  〈4〉
なるかみ - サンダードラゴン パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させ、表でバインドし、あなたのリアガードの枚数が相手のリアガードの枚数より2枚以上少ないなら、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。

 ファイターズコレクション2017で収録されるなるかみGユニット

 ジェネレーションブレイク(1)は、ガーディアンサークル登場した時にGゾーンの裏のGガーディアン1枚を表にすることで、相手リアガード1枚を退却させ、表でバインドし、リアガード相手リアガードより2枚以上少ないなら、相手リアガード1枚を退却させる自動能力

 シールドの増加効果はないが、相手リアガードを最大で2枚退却させ、その内の1枚は表でバインドできる。

 スタンドしているリアガード退却させることができれば、実質的にこちらのシールドの消費を軽減することができる。
 その都合から、基本的に相手がそのターンで最初にリアガードアタックブーストを行うバトルまでに対して使用したいところである。

 また、手軽に相手バインドゾーンカードを増やすことができるので雷激能力との相性も良い。
 更にこちらで退却した相手リアガードバインドされるので、こちらの効果の対象には《タンクマンモス》等を選びにくいので【たちかぜ】に対しては中々有効であるといえる。

 ただし、このカードコールする予定のバトルアタックするユニットパワーが、このカードスペリオルコールした時点でのシールドアタックされたユニットパワーの合計を下回る場合は、相手がそのバトルに参加したリアガード退却することでこちらのシールドの実質的な消費の軽減を阻止してくる可能性が高いので注意したい。
 相手がそのターンで最初にリアガードアタックブーストを行うバトルパワーは全体的に控えめである傾向にあるので、このカードコールする予定のバトルアタックするユニットパワーが、このカードスペリオルコールした時点でのシールドアタックされたユニットパワーの合計を下回る場合は多い可能性は高いので注意したい。

 追加効果要件は厳しく、先に退却を行っていることもあって、基本的にこちらのリアガードは最大でも2枚以下でなければ利用できない。
 インターセプトの他、《ドラゴンダンサー ヴィアンネ》等の直前のターンの間に自力でリアガードサークルを離れる能力持ちと併用することである程度は補助できる。
 ただし、前述の通りこちらのシールドの消費の軽減を目的とする場合は、先にインターセプトを利用することが難しい傾向にあるので、退却数の増加を狙うか、こちらのシールドの消費の軽減を狙うかのどちらを優先するかある程度決めておいた方が良いだろう。

 ただし、相手【かげろう】【ギアクロニクル】等の様にこちらのリアガードを処理することに長けたデッキであれば、こちらのリアガードが0枚になることも多く、2枚分の退却とこちらのシールドの消費を軽減を両立できるだろう。

 また、相手ターン退却を行うことができるので《ドラゴンダンサー アガタ》のこれによって誘発するパワーの付与が行える能力と併用したなら、そのターンでのその継続効果が適用されたユニットへのヒットを防ぐために必要なシールドの量をさらに減らすことができる。
 特に《ドラゴニック・ヴァンキッシャー》《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》は有効化するまでに手間がかかるものの、コストが無く、リアガードに依存しないのでパワーの増加の恩恵を得やすい。
 難易度は高いが、《抹消者 スイープコマンド・ドラゴン》リミットブレイクによって相手前列リアガード退却できるので相手前列リアガードを全て処理しきってしまうことも容易であることから強力である。

 追加効果要件は状況に左右されやすいものの、

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/035 RRR イラスト/茶壱臥薪嘗胆!今は逆境を耐え抜いてみせる時!