英霊権現(えいれいごんげん) ヴィシュヌ/Avatar of Heroic Spirits, Vishnu》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
なるかみ - ノーブル パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの〈ノーブル〉のリアガード1枚につき、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させ、そのカードを表でバインドする。この効果で3枚以上退却させたなら、そのバトル中、このユニットのクリティカル+1。

 ファイターズコレクション2015で収録されたなるかみGユニット

 ヴァンガードアタックした時にノーブルリアガード1枚につき、相手は自身のリアガード退却させ表でバインドし、この効果で3枚以上退却させたらクリティカル+1を得る自動能力を持つ。

 ノーブルリアガードの枚数さえ確保できれば非常に強力な効果だが、後列要員として扱えるなるかみノーブルGガーディアンコスト用として手札に温存しておきたいヒールトリガー《愛の神 カーマ》のみ、それ以外にはグレード3のカードが少数あるのみで、《魔黒天女 カーリー》を除きいずれもリアガードサークル上ではパワー10000のバニラにしかならない。

 クリティカルの増加まで狙うなら、可能な限りノーブルを採用した専用構築で使うことが基本になるが、その際に《金剛雷帝 インドラ》等の「リアガードサークルにいる同名のカードを参照するノーブル」とは戦術をある程度共有することができる。

 それらと異なり《千の名を持つ飛竜騎士》による代用が成立しない一方、カード名が合っている必要が無いので戦術の共有を考慮しないのならヴァンガード同名のカードでなくともコールしてしまえば良いが、ノーマル超越コストにも使いたいであろうグレード3の消費が著しく増えるので、その匙加減が問われることになる。

 一方、単一クランデッキ【なるかみ】に拘らないのであれば、ノーブルが多いオラクルシンクタンクジェネシスとの混合クランデッキグレード2やグレード1のノーブルを増やした構築にすればかなり扱いやすくなる。

 【オラクルシンクタンク】【ジェネシス】のギミックそのものとはシナジーを見出しにくいが、それを考慮しても得られるリターンが非常に大きく、同時にこれらにはほぼ無い相手リアガード退却させる手段も補える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「ヴィシュヌ(Vishnu)」とは、ヒンドゥー教の神の名前である。三神一体論では、ブラフマーやシヴァと並ぶ最高神の一柱であり、世界を維持する役目があるとされる。

FAQ 節を編集

  • Q1262 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1279 (2015-04-28)
    Q. 「○枚につき、×枚選ぶ」という効果で、同一のカードを複数回選ぶことはできますか?
    A. いいえ、できません。
  • Q1300 (2015-04-28)
    Q. 「退却させ、バインドする」は「退却させた時」や「リアガードがドロップゾーンに置かれた時」の条件を満たしますか?
    A. はい、満たします。リアガードがドロップゾーンに置かれた後、バインドゾーンに置かれるからです。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/036 RR イラスト/天野英最高神は、偉大なる十の映し身を持つという。