白熱(はくねつ)黄金騎士(おうごんきし) エブラウクス/Golden Knight of Incandescence, Ebraucus》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ゴールドパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、山札の上から2枚見て、1枚まで探し、ユニットのいない(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

 ファイターズコレクション2016で収録されたゴールドパラディンGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)でデッキトップ2枚から1枚までをスペリオルコールする自動能力を持つ。

 コストは重めだが、退却への対抗手段としては中々有用である。
 ただし、Gゾーンに表のカードがある場合には、《黄金竜 スピアクロス・ドラゴン》で同等以上の効率のスペリオルコールが行えるので、コストの都合に合わせるのでなければ使用するタイミングは主に6~7ターン目に限られてくる。

 同じく6ターン目以降から使用できるスペリオルコール能力を持つ《疾駆の黄金騎士 カンベル》と比べると、こちらはコストが必要でデッキトップから2枚しか参照できず疑似スタンド目的では使用できないが、確実にスペリオルコールを行える。

 また、《青き炎の真・解放者 ホーリーフレイム》《浄罪の獅子王 ミスリルエイゼル》等と比べると効果の面ではやや見劣りしやすいが、このカードは複数枚採用する必要がないことでGデッキを圧迫しにくく、ハーツカードに依存せずに利用できる汎用性の高さ等の面で優っている。

 混合クランデッキでは、【ブラウ】に不足気味なリアガードの補充力を補いつつ、「ブラウ」でないグレード3のカードライドして誘発条件要件の達成ができない状況を補う用途で使用できるためそこそこ相性が良い。

  • 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」でも引き続き使用。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

はるか未来から「超越」により召喚された“ゴールドパラディン”の騎士。
“オラクルシンクタンク”が開発した試作型の時空観測器によると、以前このクレイに召喚された黄金騎士、
「カンベル」と同一の軸に存在する未来から喚び出された可能性が高いという。

かつて、「エブラウクス」は平凡な騎士であった。 自分よりも他を優先する穏やか性格で、
もともと乏しい出世欲も相まって、同期の騎士の間でも明らかに出遅れているように見える存在だった。

しかしいつからか、そんなエブラウクスの周りに、彼を慕う者が集まり出した。 ともすればお人好しとも言える
彼の優しさは、目に見える「徳」となって彼の下に還ってきたのである。 その後、驚くべきことに、彼はこれまで
全く興味を持たなかった学問・剣術・兵法など、上に立つ者に求められる技能をわずかな期間で習得したという。

他者のために動く時のみ、爆発的な能力を発揮する――それが、凡夫と思われた青年に隠されていた天賦の才。
多くの部下に、民に慕われ、彼らの想いに応え続けた騎士は、王と議会のみならず、あらゆる方面からの期待を
受け、「黄金騎士」の称号を賜るに至った。
黄金騎士が剣に託した願いはただひとつ、「すべての者に、平和と幸福を――」。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/011 RRR イラスト/山﨑奈苗夢と希望、願いと望みを背負った剣が熱く輝く。