仮面の幻術師(マスク・ファントム) ハリー/Masked Phantom, Harri》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ペイルムーン - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1)] あなたのリアガードがソウルに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのソウルからグレード3の奇術能力を持つカードを1枚選び、手札に加える。
【自】:このユニットが(V)に登場した時、あなたの山札の上から2枚見て、1枚をソウルに置き、1枚を山札の下に置く。
奇術 - 【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのソウルから奇術能力を持つカードを1枚選び、(R)にコールし、そのターンの終了時、そのユニットをソウルに置く。

 月夜のラミーラビリンスで収録されたグレード3のペイルムーン

 ジェネレーションブレイク(2)は、1ターンに1回、リアガードソウルに置かれた時にカウンターブラスト(1)で、ソウルからグレード3の奇術能力を持つカードを1枚まで手札に加える自動能力

 ソウルからグレード3の奇術能力を持つカード手札に加えることで、シールドを稼ぐ用途には使えないが、ノーマル超越コストを確保する手段になる。
 《獣花の大奇術 プラーナ》《終演を告げる者 メフィスト》コストを利用して有効化を早めておけば、6ターン目のエンドフェイズ奇術能力時限誘発を起点に利用が狙える。
 効果に対応するカードの内、《礼賛の悪霊使い ミレイユ》《フルスマイル・ワイバーン》等は下手に手札に加えるよりもソウルからスペリオルコールした方が良い場合があるのでその点には注意しておきたい。

 効果コストソウルに置かれたものを手札に加えて純粋なアドバンテージを得る使い方が基本であるが、このカード再ライドした場合のカード消費を補う使い方もある。

 2つ目の能力は、ヴァンガードサークル登場した時にデッキトップ2枚から1枚をソウルに置き、1枚をデッキボトムに置く自動能力

 あまり自由度はないとはいえソウルに置くカードを選べるので、単純にソウルからスペリオルコールしたいカード、このカードソウルに要求する奇術能力を持つカードを確保する補助手段になる。

 ストライドスキルは、Gユニット超越した時にソウルブラスト(1)で、ソウルから奇術能力を持つカード1枚をスペリオルコールし、そのターンの終了時にそのユニットソウルに置く自動能力

 効果に対応するカード奇術能力を持つカードに限定されるが時限誘発付きのスペリオルコールによるリアガード1枚の確保をソウルブラスト(1)で行うことができる。

 コストは軽く、比較的効率の良いスペリオルコールを行える。
 奇術能力を持つカードしかスペリオルコールできないものの、《キューティ・パラトルーパー》《フライング・ペリュトン》等をスペリオルコールすれば、間接的に奇術能力を持たないカードスペリオルコールにも繋げられる。

 ソウルの質や量が十分に整った段階では安定した働きが期待できるが、自身のリアガードソウルが置かれた時の能力等でもソウルを消費しやすい傾向にあるため、ソウルの質や量が不十分だと利用が難しくなる能力なので、その点には注意しておきたい。

 《仮面の奇術師 ハリー》と比較するとスペリオルコールできるカードに制限があり、パワーの増加やソウルチャージが無いので、やや見劣りする部分もあるが、終盤で残りが少なくなった山札の消費を抑えられる点や他のコストカウンターブラストを使う能力との併用しやすいといった利点もあるので一長一短といったところである。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

魔道サーカス“ペイルムーン”の団員にして、早熟の天才と謳われる優秀な奇術師。少し前までは誰に対しても傍若無人に接し、サーカス団員であるにも関わらず、客に横柄な態度を取るような問題児だった。しかし、とある幼竜との出会いをきっかけに成長の兆しを見せ、「自分の技を見せつけるのではなく、人を楽しませるために出し物をする」という想いを持つようになったという。心境の変化が視野を広げたのか、昨今は奇術以外のさまざまな出し物に手を出しており、幻術や魔術、果ては暗殺術の研究にも余念が無い。今は大がかりな幻術を使ったイリュージョンの考案に力を入れているらしく、すでに並の幻術師では見破れないほどの領域に達しているとのこと。とはいえ、根っこの部分は今も「俺様至上主義」。他の団員に子供扱いされて、暴走することも珍しくはない。

FAQ 節を編集

  • Q3147 (2017-03-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3149 (2017-03-02)
    Q. この能力は強制ですか?
    A. はい、強制です。
  • Q3167 (2017-03-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3168 (2017-03-02)
    Q. 「ターン1回」のアイコンを持っていないほうの能力を使った場合、「ターン1回」の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。
  • Q3170 (2017-03-02)
    Q. ターン1回の自動能力で、「○○した時~」という条件が複数同時に発生した場合、その回数分発動するのですか?
    A. いいえ、発動しません。ターン1回の能力は、カード1枚につき、各ターン1回しか発動しません。「リアガードが相手のドロップゾーンに置かれた時、~」等で複数のリアガードが同時にドロップゾーンに置かれたとしても、発動するのはそのうちの1枚分、1回のみです。
  • Q3171 (2017-03-02)
    Q. 「ターン1回」の自動能力が誘発した時に、あえてコストを支払わなかった場合、同じターンにもう一度その能力の誘発条件を満たした時に、コストを払えば能力を発動できますか?
    A. いいえ、できません。「ターン1回」の自動能力は、そのコストを支払わなかった場合でも誘発し解決されているので、もうそのターン中は発動しません。
  • Q3178 (2017-03-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3181 (2017-03-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットから超越し、そのターンの終わりに超越したGユニットがGゾーンに戻った後にも、ターン終了時に発動する能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q3182 (2017-03-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3192 (2017-03-02)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター月夜のラミーラビリンスG-CHB03/001 RLR イラスト/叶之明月の光は私の魔法
弓月ルーナ
G-CHB03/004 RRR イラスト/叶之明新しいのが見たい?しょうがないなぁ、特別だぞ?
G-CHB03/S02 SP イラスト/叶之明(※なし)