短剣の奇術師(ダガー・マジシャン) エティ/Dagger Magician, Etty》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ペイルムーン - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
奇術 - 【自】:このユニットが手札から(R)に登場した時、あなたの「ハリー」を含むヴァンガードがいるなら、ソウルからグレード2以上のカードを1枚選び、このユニットと同じ縦列の(R)にコールしてよい。そのターンの終了時、そのコールされたユニットをソウルに置く。
【自】【(R)】:[このユニットをソウルに置く] あなたのターンの終了時、あなたの奇術能力を持つヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、【ソウルチャージ】(1)。

 月夜のラミーラビリンスで収録されたグレード1のペイルムーン

 《キューティ・パラトルーパー》と似ているが、奇術能力によるスペリオルコールではなく、手札からリアガードサークル登場した時にソウルからのスペリオルコールを行える。
 あちらに比べるとジェネレーションブレイク(1)の制限が無いのは優秀だが、《プレジャー・キャスター》の3つ目の自動能力等を併用しなければ再利用できない事に加えて、グレードの制限がある他、パワーの増加も無いのでしか利用できないので全体的に地味な部分が目立つ。

 1枚分のディスアドバンテージとなるものの、2枚分のソウルの確保を狙える。
 奇術能力スペリオルコールした場合は、どのみちターンの終了時にソウルに置かれてしまうのでソウルインによるディスアドバンテージを無視できる。
 ただし、その場合は実質的に増えるソウルは1枚になるので忘れない様にしたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3178 (2017-03-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3182 (2017-03-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3192 (2017-03-02)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター月夜のラミーラビリンスG-CHB03/019 R イラスト/パトリシア華麗なる演目は、いつまでも人々の胸に残る。