《スペクトラル・デューク・ドラゴン》(アクセル) [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
ゴールドパラディン - アビスドラゴン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのソウルに「黒竜の騎士 ヴォーティマー」があるなら、このユニットのパワー+1000し、相手のヴァンガードがグレード3以上なら、さらにクリティカル+1。
【自】【(V)】:アタックしたバトル終了時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),リアガードを3枚退却させる]ことで、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-1。あなたのダメージゾーンが4枚以上なら、ドライブ-1のかわりにドライブ+1。

 クランセレクションプラス Vol.1で収録されたグレード3のゴールドパラディン

 1つ目は、ソウルに《黒竜の騎士 ヴォーティマー》(Vシリーズ)があれば、このユニットのパワー+1000し、相手のヴァンガードグレード3以上なら、さらにクリティカル+1する永続能力

 《黒竜の騎士 ヴォーティマー》(Vシリーズ)にライドすることでパンプアップの条件を満たせるが、上昇値が低いため追加の効果も発揮させて攻撃力を高めるのが無難。
 しかし、6ターン目以降でないと追加効果を発揮できないため、このユニット以外のグレード3にライドした後に再ライドするという手もある。

 2つ目は、アタックしたバトル終了時、カウンターブラスト(1)、リアガード3枚を退却させることでこのユニットをスタンドし、そのターン中、ドライブ-1する。ダメージゾーンが4枚以上なら、かわりにドライブ+1する自動能力

 カウンターブラストに加えてリアガード3枚の退却をコストに使うことで、このユニットをスタンドすることができるが、能力を発揮させるためのコストであるリアガードが3枚とかなり重い。
 退却時に効果を発揮できる《漆黒の先駆け ヴォーティマー》(Vシリーズ)《黒竜の騎士 ヴォーティマー》(Vシリーズ)、アタックを終えてレスト状態のリアガードを優先的に選ぶのが妥当。

 そして、注目すべきなのが後半のドライブ追加。
 旧シリーズのリミットブレイクを彷彿とさせる効果であり、通常、コストを払えばドライブを減らしてスタンドできるが、ダメージゾーンが4枚以上なら、逆にドライブを増やしてスタンドすることが可能。
 2度のアタックによって合計5枚ものカードを獲得することができ、トリガー効果が出る確率も大きくなる。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

  • Q6459(2021-01-28)
    このカードの永続能力の効果は、相手のターン中でも有効ですか?
    はい、相手ターン中でも、この効果は適用されます。
  • Q6458(2021-01-28)
    このカードの永続能力の効果は、相手のターン中でも有効ですか?
    はい、相手ターン中でも、この効果は適用されます。
  • Q6457(2021-01-28)
    ドライブ2のこのカードに対して、“あなたのダメージゾーンが4枚以上なら、ドライブ-1のかわりにドライブ+1”という効果が適用された場合、このカードのドライブは3になりますか?
    はい、ドライブ3になります。

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.1V-SS09/015 RRR デザイン/スズキゴロウ イラスト/マルオユキヒロ?騎士は勝利を導き、英雄になった。
V-SS09/SP03 SP デザイン/スズキゴロウ イラスト/マルオユキヒロ?なし
スペシャルシリーズVクランコレクション Vol.6D-VS06/018 RRR 2022 デザイン/スズキゴロウ イラスト/マルオユキヒロ?其は黒き竜の英雄譚。神話の伝説が今、蘇るーー。