蜻蛉切(とんぼきり)/Tonbokiri》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
刀剣乱舞 - 刀剣男士-槍 パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】真剣必殺(あなたのダメージが3枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットがアタックされた時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、相手は手札からグレード0のカードを(G)にコールできない。

 刀剣乱舞-ONLINE-で収録されたグレード3の刀剣乱舞

 真剣必殺は、アタックされた時にカウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)でパワー+2000を得る自動能力

 防御に特化した能力となっており、相手ユニットからの要求シールド値を低減させることができればガーディアンを節約してアドバンテージに繋がる。

 しかも効果はそのターン中持続し、アタックされるたびに使用することで効果を累積させることができる。
 この性質もあり、【ノヴァグラップラー】【アクアフォース】等のバトル回数の多いデッキには殊更有効である。

 1回あたりのコストはそれほどでもないが、連続使用を加味すると消費が非常に激しくなる。
 使い所を考え、またコストの補充手段もしっかり用意したい。

 もう1つの自動能力《スチームナイト プズル・イリ》等に似た相手グレード0のガーディアン手札からのコールを封じる能力で、コストが不要なので連発が効く。
 真剣必殺が防御的な分、Gユニット超越していない場合でもこちらで攻撃力をある程度補える。

 基本的に自身のパワーラインは平凡になるが、それゆえに本来は守護者ではなくグレード0で対応したいパワーラインであり、それができなくなるというだけでも強力と言える。
 コスト要件も一切無いので、1つ目の能力を妨げることもなく安定して活用できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 槍としての蜻蛉切は、戦国時代の武将・本多忠勝が愛用したとされる槍。御手杵、日本号に並んで「天下三名槍(てんかさんめいそう)」と呼ばれる、至高の槍の一本に数えられる。笹穂(ささほ)とよばれる、その名の通り笹の葉のような広く長い刃を持っているのが特徴。名前の由来として、槍先に止まったトンボがそのまま真っ二つに切れてしまったという逸話が存在する。 同じく忠勝が着用した黒糸威胴丸具足(鹿角の兜)と共に本多家に代々伝えられたが、第二次世界大戦時に同家を離れ、現在は個人所有のため一般公開はされていない。代わりに、愛知県岡崎市の岡崎城や東京国立博物館にて展示されているレプリカを見ることが出来る。

FAQ 節を編集

  • Q1442 (2015-07-16)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1447 (2015-07-16)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1448 (2015-07-16)
    Q. 起動や自動の真剣必殺を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが2枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。
  • Q1459 (2015-07-16)
    Q. 相手と自分の能力が同時に発動した場合、どう解決すればよいですか?
    A. 同時に自動能力が発動した場合、ターンファイターのものから解決されます。あなたのターンであればあなたの能力から、相手のターンであれば相手の能力から解決されます。

収録情報 節を編集

タイトルブースター刀剣乱舞-ONLINE-G-TB01/010 RR ©2015 DMMゲームス/Nitroplus我こそは三名槍がひとつ! 蜻蛉切!