蒼嵐護竜(そうらんごりゅう) アイスフォール・ドラゴン/Blue Storm Guardian Dragon, Icefall Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー6000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者(守護者はデッキに4枚までしか入れることができない)
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが手札から(G)に登場した時、あなたの《アクアフォース》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から5枚公開する。その中から《アクアフォース》をすべて(G)に【レスト】でコールし、残りのカードをドロップゾーンに置く。

 無限転生で収録されたグレード1のアクアフォース

 《召集の宝石騎士 グロリア》アクアフォース版。

 【蒼嵐】には双闘するヴァンガード双闘を要件としたカードが数多く存在するため、それらを主軸にする場合はシークメイトの補助となるこのカードの活躍が見込める。

 難点は【蒼嵐】ではカウンターブラストの競合が発生しやすいことと、それをカバーできるカードが「蒼嵐」には存在しないこと。採用枚数を抑えて《蒼嵐戦姫 エレクトラ》等と併用するのも一つの手である。

 【波紋】でも《打寄せる波紋 ミルティアディス》カウンターチャージを持つのでコストを気にせず使いやすい。
 《閃く波紋 オデュッセウス》能力を駆使してシークメイトを何度も行う事ができるのでドロップゾーンに大量のカードが必要となる事も多く、相性が良い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「メイルストローム」が率いる精鋭部隊「蒼嵐艦隊」の一員。 階級は少尉。 旧時代より深海を守護してきた歴史ある一族の長であり、彼らは何百何千という長き時、ならず者達から深海を守ってきた。 成長に比例して魔力を内包する石が体表に生成されるという特殊な体質をしており、石は宿主の感情に反応して様々な力を発揮する。 この石に関しては本人達の許可を得て長らく解析が続けられているものの、未だ有効な解析結果が得られていない。 また、「パスカリス」らが使用している「輝石」は、元々この研究が生んだ副産物であり、身体の一部ともいえる彼らの石とは違い、定期的に魔力の補充しなければならない。 “アクアフォース”が深海の秩序を守ると約束したからこそ、一族は「メイルストローム」との取引に応じ、入隊に至った。 この約定が守られる限り、海軍は厚き氷壁の加護を受け続けるだろう。

FAQ 節を編集

  • Q761 (2014-02-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q779 (2014-02-27)
    Q. カード名の違うカードであれば、他の「守護者」を持つカードを、4枚ずつ合わせて8枚入れることができますか?
    A. いいえ、「守護者」を持つカードは違うカード名のカードであっても、デッキに合計4枚までしか入れることができません。
  • Q780 (2014-02-27)
    Q. このカードの能力でグレード3のカードがコールされました。どうなりますか?
    A. グレード3のカードごとにどのカードをガードするか決める必要があります。ただし、シールドがないため、ガードされたユニットのパワーは上がりません。
  • Q781 (2014-02-27)
    Q. このユニットの効果で、もう1枚このカードがコールされました。コールされたカードの能力でさらに5枚コールできますか?
    A. いいえ、できません。このカードの能力は手札からガーディアンサークルに置かれた場合のみ誘発するからです。
  • Q782 (2014-02-27)
    Q. このユニットの能力の解決後に手札からさらにコールできますか?
    A. はい、できます。
  • Q783 (2014-02-27)
    Q. 【リミットブレイク】能力を起動した「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」にヴァンガードと前列のリアガードがすべてアタックされました。このカードでコールされたガーディアンはどれをガードしますか?
    A. コールされるガーディアン1枚ごとにどのユニットをガードするか決めることができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/017 RR イラスト/かわすみ蒼き嵐が集う時、海域は不可侵の聖地となる。