《ドラゴンナイト ギーメル/Dragon Knight, Gimel》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
かげろう - ヒューマン パワー6000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者(守護者はデッキに4枚までしか入れることができない)
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが手札から(G)に登場した時、あなたの《かげろう》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から5枚公開する。その中から《かげろう》をすべて(G)に【レスト】でコールし、残りのカードをドロップゾーンに置く。

 無限転生で収録されたグレード1のかげろう

 《召集の宝石騎士 グロリア》かげろう版。

 【かげろう】では、完全ガードに比べて手札1枚でヒットを防ぐことができる可能性がある利点は大きい。

 ただし、カウンターブラストが必要であったり、ドロートリガーを採用することが多い為シールドが低くなりがちであることから、扱いにくい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

燃え盛るマグマの中から引き上げられた巨大竜の鱗、それを数十年かけて加工した装具を保有する“かげろう”の竜騎士。 朗らかで争い事を苦手とする弱々しい青年だったが、その弱気が災いして最初の相棒だった竜を失った過去を持つ。 以降はドラゴンナイトを名乗りながらも新たな相棒を決めず、誰よりも鍛錬に励み、戦場へと出向き、仲間を守り、そして己の身一つで生き抜いてきた。 いつか誰かが彼に問いかけた事がある。 「何故新たな竜を選ばないのか」、と。 彼は親指で盾を指しながら「俺の相棒はここにいる」、と答えた。 彼の盾には元々使われていた鱗より一回り小さな鱗と、数本の角が取り付けられている。 それはかつての相棒の忘れ形見。 戦いの中に身を置きながら、その覚悟を欠いていた事への戒め。 一人で戦っているのではない。 共に戦場を駆けた朋友の魂は、今もここにある。

FAQ 節を編集

  • Q761 (2014-02-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q779 (2014-02-27)
    Q. カード名の違うカードであれば、他の「守護者」を持つカードを、4枚ずつ合わせて8枚入れることができますか?
    A. いいえ、「守護者」を持つカードは違うカード名のカードであっても、デッキに合計4枚までしか入れることができません。
  • Q780 (2014-02-27)
    Q. このカードの能力でグレード3のカードがコールされました。どうなりますか?
    A. グレード3のカードごとにどのカードをガードするか決める必要があります。ただし、シールドがないため、ガードされたユニットのパワーは上がりません。
  • Q781 (2014-02-27)
    Q. このユニットの効果で、もう1枚このカードがコールされました。コールされたカードの能力でさらに5枚コールできますか?
    A. いいえ、できません。このカードの能力は手札からガーディアンサークルに置かれた場合のみ誘発するからです。
  • Q782 (2014-02-27)
    Q. このユニットの能力の解決後に手札からさらにコールできますか?
    A. はい、できます。
  • Q783 (2014-02-27)
    Q. 【リミットブレイク】能力を起動した「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」にヴァンガードと前列のリアガードがすべてアタックされました。このカードでコールされたガーディアンはどれをガードしますか?
    A. コールされるガーディアン1枚ごとにどのユニットをガードするか決めることができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/015 RR イラスト/喜久屋めがね竜騎士の盾には、竜の魂が込められている。