神聖騎士(しんせいきし) ガンスロッド・ピースセイバー/Holy Divine Knight, Gancelot Peace Saver》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - エルフ パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:このユニットがアタックした時、あなたの、「アルフレッド」か「ブラスター」を含むハーツカードがあるなら、【カウンターチャージ】(1)し、そのバトル中、このユニットのドライブ+1し、さらに、あなたのGゾーンに表のカードがあるなら、このユニットのクリティカル+1。
【永】【Gゾーン】:あなたのターン中、このカードが表なら、あなたの「ブラスター・ブレード」を含むリアガードすべてに『【永】【(R)】:抵抗』を与える。

 鬼神降臨で収録されたロイヤルパラディンGユニット

 1つ目の能力は、アタックした時に「アルフレッド」か「ブラスター」のハーツカードがあるなら、カウンターチャージ(1)し、ドライブ+1を得て、Gゾーンに表のカードがあるなら、クリティカル+1を得る自動能力

 「アルフレッド」か「ブラスター」のカードハーツ化が前提となるが、手軽にカウンターチャージドライブの増加を行うことができる。
 【アルフレッド】【ブラスター・ブレード】等はそれぞれコストカウンターブラストを含む能力を多用するので、そちらのリソースを確保した上で確実にアドバンテージに繋げられるのは非常に強力である。

 また、事前に他のGユニット超越またはコールしておけば、クリティカルの増加でガード強要性を高めることができる。
 ただし、リアガードサークルに「ブラスター・ブレード」のユニットがいる場合は、《聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー》ノーマル超越することで、合計5回のドライブチェックを行えるため、あちらと上手く使い分けていきたい。

 強いて欠点を挙げるとすれば、誘発条件要件を満たせば効果はすべて必ず実行する必要があるため、終盤の段階で山札の枚数が4枚以下になるような状況においてはドライブ4となるこのカード超越する選択肢から外さざる負えなくなり、追加効果によるクリティカルの増加も相手ダメージゾーンが5枚の状態では腐りやすくなるという点がある。
 どちらも他のドライブの増加やクリティカルの増加を行う継続効果を含む能力の多くに共通する欠点ではあるが、いずれも注意はしておきたい

 2つ目の能力は、「ブラスター・ブレード」のリアガードすべてに『抵抗』を与える永続能力

 こちらはGゾーンで有効となる能力となっており、他のファイターターンでは有効にならないものの、「ブラスター・ブレード」のリアガード抵抗を与えることができる。

 相手《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》《ロストシティ・ドラゴン》等で「ブラスター・ブレード」のリアガードが処理されにくくなるので、予めこのカード超越しておけば以降のターンからは《聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー》《フローラルパラディン ふろうがる》を安全に利用できるようになる。

 このカード超越して有効にする他にも、《光輝の剣 フィデス》コストを利用して有効にする方法もある。
 こちらの場合は6〜7ターン目の段階からでもGゾーンからこのカードを表にして能力の有効化を行え、効果で「ブラスター・ブレード」のリアガードも確保できるので確実に能力を活用できる状況を作り出すことができる。

  • 種族の欄に「ヒューマン」と記載されているエラーカードが存在しており、2017/6/12に該当箇所を「エルフ」に修正するエラッタが告知されている。
    • 情報公開当初も「ヒューマン」と誤植されており、設定上においてもエルフ人間の混血であるとされていることから、修正前は一部で物議を醸し出していた。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「星輝大戦(インベンション・グレイトウォー)」終結後、騎士王「アルフレッド」と共に時代を駆けた「ガンスロッド」の姿。守護竜「アークセイバー・ドラゴン」が騎士王に託した聖剣のひとつ、「ピースセイバー」の所持を許可されている。2つの正規軍をまたぐ形で編成された新たな部隊「聖金天馬騎士隊(ピース・ペガサスナイツ)」の隊長であり、形式上は「ブラスター・ブレード」らと同じく第一正規軍“ロイヤルパラディン”の所属となる。ある時は人を拒絶し孤独を背負った。ある時は死闘の中で仲間と絆を育んだ。エルフが忘れ行く昔日の記憶を胸に、人が生きれぬ長き時を生きる。それが、自分という禁忌を迎え入れてくれた王にできる最大の奉公。恒久の平和という騎士王の理想。理想を支える剣士の忠義。いつか別れの時が来たとしても、彼らの想いは永遠にこの胸に。手綱を握る手に一層の力を込め、騎士は蒼空へと羽ばたいた。

FAQ 節を編集

  • Q3351 (2017-06-08)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3398 (2017-06-08)
    Q. 「後列にいる相手のユニットをバトル中のユニットに選べる」能力や、複数のユニットとバトルできる能力で、「抵抗」持ちユニットをアタックできますか?
    A. はい、できます。これらのカードの能力は「バトルフェイズにおけるアタックされるユニットを選択するルール」を変更する能力だからです。
  • Q3399 (2017-06-08)
    Q. 「星輝兵コールドデス・ドラゴン」「幻想の魔女フィアナ」のように、リアガードサークルを選ぶ能力で、抵抗持ちユニットがいるサークルを選べますか?
    A. はい、選べます。「抵抗」は、そのユニット自身を選ぶ効果では選択できなくなる能力のため、そのユニットがいるリアガードサークルは「抵抗」とは関係なく選ぶことができます。
  • Q3400 (2017-06-08)
    Q. 「時空竜クロノスコマンド・ドラゴン」のような「すべて~する」というような能力では、抵抗を持つユニットも影響を受けますか?
    A. はい、影響を受けます。「すべて~する」の場合はユニットを選んではいないので影響を受けます。「すべて選び、~する」の場合は“選ぶ”ので、「抵抗」を持つユニットを選ぶことはできません。
  • Q3401 (2017-06-08)
    Q. 「相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる」のような、こちらの能力で相手が選択するタイプの効果で、相手は「抵抗」を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。相手が選ぶ効果であっても、その効果はあなたのカードのものだからです。相手は「抵抗」を持っていないユニットのいずれかを選択しなければならず、「抵抗」を持つユニットしかいない場合は、何も起こりません。
  • Q3402 (2017-06-08)
    Q. 「抵抗」を持つ相手の前列のリアガードに対してアタックできますか?
    A. はい、できます。
  • Q3403 (2017-06-08)
    Q. 「抵抗」の能力によって効果を受けなくなるものと、効果を受けるものの見分け方はありますか?
    A. 「抵抗」は、カードテキストで「選び」「選ぶ」と書いてある相手の能力で選ばれないという能力です。(ただし、アタックの対象には選べます)カードテキストに「選び」「選ぶ」と書いていない能力の場合、その効果を受けます。また、「選び」「選ぶ」と書いてあっても、直接選ばれなければ、効果を受けます。例えば「相手のリアガードを1枚選び、そのユニットと同じ縦列にいる相手のリアガード~」というテキストの場合、直接選ばれることはありませんが、効果を受けることがあります。

収録情報 節を編集

ブースターパック鬼神降臨G-BT11/001 GR イラスト/萩谷薫孤高の騎士は理想を極め、恒久の平和を築き上げる。
G-BT11/001 SGR イラスト/萩谷薫顕現せよ
さらなる僕の未来!