学園(がくえん)()べる(もの) アプト/School Dominator, Apt》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
グレートネイチャー - ハイビースト パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。
【自】【(V)】:[あなたの《グレートネイチャー》のリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から《グレートネイチャー》を1枚まで選び、(R)にコールする。

 獣王爆進で収録されたグレード3のグレートネイチャー

 リミットブレイク《大いなる銀狼 ガルモール》等と同様のもの。

 2つ目の能力ではアタックヴァンガードヒットした時にリアガード1枚の疑似スタンドを行うことができる。
 1つ目の能力を活用すればより誘発させやすくなるという噛み合った能力だが、リアガード1枚を犠牲にバトル回数を1回を増やす行為なので明確なアドバンテージにはならない。

 前列に空きができている状態では、後列リアガード退却させ、ドライブチェック手札に加わった前列要員をスペリオルコールするという使い方もできる。

 パワーを与える際に同時に発生した時限誘発によってターンの終了時に退却するリアガードを先にアタックさせ、そのユニットコストにすることでディスアドバンテージを抑える、というのが理想的な運用である。
 アタックヴァンガードヒットした時という性質上思い通りにいかないことは覚悟する必要があるが、高パワーヴァンガードアタックガードさせることで内在的にアドバンテージを得ていると考えることもできる。
 《フェザー・ペンギン》能力を利用すればパワー26000ラインまで狙う事ができるので積極的に採用しておくと良いだろう。

 性質上、リミットブレイクを早期に有効化することで真価を発揮するカードであるため、《ペイント・オッター》《爆発科学者 ぶんた》を併用しておきたい。

 ただし、連続でアタックを行うだけであれば、より【グレートネイチャー】の戦術に噛み合っているうえに、確実にリアガードスタンドする能力を持つ《双筆の闘士 ポラリス》《矛盾教官 タスク・マスター》等もあり、見劣りする部分が多い。
 こちらはカウンターブラスト使用しない事で差別化したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

グレートネイチャー総合大学を総べる学長。 見た目からは想像もつかないが、御年500歳という長寿の幻獣である。
345歳の時に一教員から学長へと抜擢され、その後155年という開校以来最も長い期間、現職を務めている。
「学問には限界などない」、新入生が受ける最初の授業は学長自らが行い、必ずこの一言から始まるという。
限りなく学問の頂点に立つであろう彼の言葉は、勉学に励む学生たちに果ての無い無限の可能性を与えている。

FAQ 節を編集

  • Q234 (2012-07-06)
    Q. 「アタックがヒットした時」に発動する能力は、アタックがヒットした時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、「○○時」のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック獣王爆進BT07/009 RR イラスト/村山竜大最初の授業だ。学問には、限界などないのだよ。
BT07/S09 SP イラスト/村山竜大世界を学びたまえ!そうすれば、世界は君のものだ!