双筆(そうひつ)闘士(とうし) ポラリス/Battler of the Twin Brush, Polaris》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
グレートネイチャー - ハイビースト パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、他のあなたの《グレートネイチャー》のリアガードを1枚選び、【スタンド】し、そのターン中、パワー+4000し、そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 竜騎激突で収録されたグレード3のグレートネイチャー

 リミットブレイクリアガード1枚をスタンドすると同時にパワー+4000を与え、ターンの終了時にそのユニット退却させる時限誘発を発生させる。
 他のカード効果スタンドするリアガードパワーを上げておけば、単独でシールド15000以上を要求することもそう難しくないので、終盤の詰めとしてはそれなりに強力である。

 ただし、退却させる時限誘発を利点とする能力を持たないので、《研究生 マフリン》《ぐるぐるダックビル》等を利用してディスアドバンテージを無効もしくは軽減する手段を併用したい。

 ヴァンガードアタックした時にパワー+3000を得るので、《シルバー・ウルフ》ブーストを受ければ、パワー21000ラインとなる。

 《矛盾教官 タスク・マスター》と比較するとあちらはジェネレーションブレイクの制約があるとはいえ、パワーが高く、コストも軽く、リアガードサークル上でも能力が利用できる等、見劣りする部分が多い。

 しかし《ペイント・オッター》の存在や、相手ヴァンガードグレード2以下でも使えること、及びこちらはヴァンガードアタックした時にパワー+3000を得られるのはこのカード特有の利点となる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

外部から訪れる様々な脅威から大学を守る警備員。 警備員という職務は風紀委員が設立される以前から存在しており、これまでも学園に潜り込もうとしていた数多の不埒者を返り討ちにしてきた。 長年警備という仕事に携わってきた為か、嗅覚・聴覚はハイドッグ以上に優れている。 瞬発力、腕力、格闘センス、どれを取っても警備員というには過ぎた力を持ち、並の戦士では束になってかかってもまるで歯が立たないだろう。 学びの園に鎮座する「警備員」と「風紀委員」。 彼らがこの大学を守り続ける限り、どんな悪人も怪物もその門をくぐる事は適わないだろう。

FAQ 節を編集

  • Q369 (2012-12-07)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか??
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q370 (2012-12-07)
    Q. 「~そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。」の能力を与えられたユニットが他の効果でリアガードサークル以外の場所に置かれました。そのカードはどうなりますか??
    A. 能力の効果は失われ、何も起きません。リアガードサークル以外の場所に置かれたら、そのカードはエンドフェイズになってもドロップゾーンに置かれることはありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜騎激突BT09/013 RR イラスト/スズキゴロウ第二の風(セカンド・ウインド)、さあ限界の先にある力を見せてみろ!