《クロックフェンサー・ドラゴン/Clockfencer Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ギアクロニクル - ギアドラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
時翔 - 【自】【Gブレイク】(1):このユニットが手札から(R)に登場した時、他のあなたのリアガードを1枚まで選び、タイムリープさせる。(バインドし、山札からグレード+1をコールし、シャッフル。ターンの終了時、コールしたユニットを山札の下に置き、バインドしたカードをコール)

 月煌竜牙で収録されたグレード2のギアクロニクル

 《タイムブレイク・ドラゴン》グレード2版。

 主な使い方は《タイムブレイク・ドラゴン》と同様であるが、このカードインターセプトが可能なので能力使用後の処理がしやすいのが利点となる。

 同じくグレード2のギアクロニクルにはヴァンガードアタックした時にタイムリープを行える《ヒストリーメーカー・ドラゴン》がおり、あちらと役割を争う事になる。
 あちらは複数回の使用が見込める他、バトルフェイズ中にレスト状態のユニットタイムリープさせる事で疑似スタンドに繋げられる利点がある。
 只、あちらはコストカウンターブラストを要する為、コスト工面に苦労するならこちらに軍配が上がる。
 タイムリープを軸としたデッキなら、双方採用するのもよいだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

時空を超えて旅を続ける“ギアクロニクル”に所属する、ドラゴンの剣士。
時の流れを切り裂くと語られる剣術の伝承者で、その剣の軌跡には別の時間軸の風景が垣間見えるという。

「クロックフェンサー」と呼ばれるそのドラゴンは、過去1人のヒューマンの剣士に敗北した事をきっかけに、その剣術を学び始めた。
共に剣を交えるうち、一人と一竜は、やがて種を超えた奇妙な友情で結ばれることになる。
……が、人と竜の間には、時間という大きな隔たりが存在した。人の時間は、竜のそれに比べてあまりに短すぎる。
友を、師を失くした寡黙なドラゴンは、今は多くを語らない。
目指す場所を尋ねられると「今よりも高みへ」と答え、ただ剣を振るう。
かつて、ある世界からギアクロニクルへ来た剣士が伝えた剣術は、悠久とも思える時を経て、なお磨き続けられている。

FAQ 節を編集

  • Q1695 (2015-11-11)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1708 (2015-11-11)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q1710 (2015-11-11)
    Q. タイムリープする/させるとはなんですか?手順を教えてください。
    A. 「タイムリープ」は、タイムリープするユニットをバインドゾーンに置き、そのユニットのグレードに+1したグレードを持つカードを山札から1枚探し、コールする能力です。さらに、そのターンの終了時、タイムリープで山札からコールされたユニットを山札の下に戻し、そのユニットをコールする時にバインドしたカードをコールします。
  • Q1711 (2015-11-11)
    Q. タイムリープでコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. タイムリープで山札からコールされたユニットは山札に戻らず、バインドされたカードもそのままバインドゾーンに置かれたままになります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。
  • Q1712 (2015-11-11)
    Q. グレード3以上のユニットをタイムリープできますか?
    A. できます。ですが、山札から探せるのはタイムリープしたユニットのグレード+1のユニットとなります。グレード3であれば、4のみ探すことができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/010 RRR イラスト/増田幹生時を超え、剣を極め続ける竜がいる。
G-BT05/S08 SP イラスト/増田幹生(※なし)