《クレイソルジャー/Cray Soldier》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ノヴァグラップラー - エイリアン パワー4000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:このユニットが《ノヴァグラップラー》を【ブースト】したバトル中、アタックがヒットした時、このユニットを【スタンド】する。

 竜魂乱舞で収録されたグレード1のノヴァグラップラー

 《スパイクブラザーズ突撃部隊》ノヴァグラップラー版。

 このカード単体では能力誘発しても再ブーストすることはできないが、スタンドトリガーや他のカード効果で同じ縦列にいる前列ノヴァグラップラースタンドすることで、再度ブーストが可能になる。
 同一ターン中に同じ縦列にいる前列ノヴァグラップラースタンドすることができなければ無意味なので、なるべく多くスタンドできる構築を作りたい。
 ただし、パワー4000と致命的に低い数値のため、パワー12000以上となるノヴァグラップラーと併用しなければ狙うい意義も小さいのが難点である。

 このカードを利用したコンボの一例として、左列右列のどちらかでこのカードブーストした《メチャバトラー ランボール》アタックヒット時にそれぞれをスタンドして再度ガード強要を行うというものがある。

 ジェネレーションブレイク(1)を有効にする必要があるので狙えるタイミングが遅めなのが難ではあるが、理論上はアタックヒットが不成立となるまで何回でもスタンドすることができ、防がれてもそれぞれがフィールドに残ってさえいれば他のカード効果でこのカードスタンドするだけで再始動することができる。

 一方で、それぞれの元々のパワーが低いことで合計してもパワー9000止りであるため、そのままでは少ない消費で簡単に止められやすく、止められなかったとしてもインターセプト潰し以上の役割の遂行が難しいのが欠点がある。
 この戦術に特化するなら、《ホワイト・ハンク》《エナジー・ガール》等の止められた場合の再始動役となる外部からこのカードスタンドする手段に加えて、《ウイニングチャンプ ビクトール》《パーフェクト・レフリー 2.99》等のパワーの低さを克服する手段を併用しておき、相手デッキによっては抵抗の付与が行える《メチャバトラー ガンズドン》の利用も視野に入れておきたい。

 その他にも局所的にではあるが、このカードのみをスタンドして【メガコロニー】暗躍能力等にありがちな、こちらのユニットレストしていることを前提とする能力の妨害としても利用できなくはない。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック竜魂乱舞BT02/072 C イラスト/山﨑奈苗変幻自在……敵の武器の隙間に入り込むほどに。