邪神司教(じゃしんしきょう) ガスティール》(Vシリーズ) [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ダークイレギュラーズ - デーモン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:あなたのバトルフェイズ開始時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、1枚引き、あなたのソウル5枚につき、相手は以下から1つ選ぶ。あなたはそれらを望む順で行う。(同じものは選べない)
・そのターン中、あなたの前列のユニットすべてのクリティカル+1。
・そのターン中、相手のヴァンガードのパワーを1になるまで増減させる。
・そのターン中、相手の【自】能力はすべて発動しない。
・相手は自分の手札を1枚選び、ダメージゾーンに裏で置く。

 クランセレクションプラス Vol.1に収録されるグレード3のダークイレギュラーズ

 自分のバトルフェイズ開始時、カウンターブラスト(1)することで、1枚引き、ソウル5枚につき、相手は4つのうち1つ選び、自分は望む順で行う自動能力を持つ。

 コストを払うことで手札を増やしつつ、さらに4つの効果をそれぞれ発揮することができるが、ソウルを最低5枚は揃えないと1つも発揮せず、効果を相手が選ぶため任意で発揮することがかなり困難。
 しかし、どの効果も相手から見れば選びたくないものばかりであり、下手すれば致命傷を与えられるので、できるだけソウルを溜め込み、逃げ道を塞ぐようにするのが妥当。
 20枚貯めればすべて発動できるので、最大限に発揮できるよう、デッキ構築もこのユニットを軸に据えた方がいい。

 1つ目は、自分のターン中、自分の前列のユニットすべてのクリティカル+1する。
 
 4つの効果のうち唯一の、自分のユニットに恩恵を与える効果であり、1回のアタックごとの打点を強くすることができるが、パワー自体はブーストさせなければヒットすることも厳しい。
 特にこのユニット自身がイマジナリーギフトアイコンを持たないせいか、プロテクト・マーカーによるパワー増加を行えないデメリットが目立つ。

 2つ目は、そのターン中、相手のヴァンガードのパワーを1にまで増減させる。

 相手のヴァンガードのパワーを大幅に下げることができ、トリガーアイコンでパワー増加効果を受けられるとはいえ、相手はより多くのシールド値を要求することとなるため、選びたくない能力の一つと言える。

 3つ目は、そのターン中、相手の自動能力すべてが発動できなくなる。

 テキスト上にある、相手のターンに発動できる能力すべてを封じることができ、コストを払うこと自体ができなくなる。
 主にガーディアンサークルへのコールや、インターセプトで発動される能力すべてを封じることが可能。もちろん、シールド値の上昇や完全ガードのような、コストを払ってヒットを防ぐといったプレイングもできなくなる。
 ただ、手札にそのような能力を持つカードがなければ問題ないので、リスクだらけの能力の中でも選びやすい。

 4つ目は、相手に手札1枚を裏でダメージゾーンに置くようにすることができる。

 ダメージチェックを行わずにダメージゾーンを増やすので、ダメージゾーンが溜まっているファイト終盤では、発動するだけでゲームエンドにすることも可能。それを踏まえて一番選びたくない能力であるため、ソウルを20枚まで貯めると自動的に発動するようになる。
 
 相手に回すと厄介な効果だが、一応抜け道も存在する。
 クイックシールド・チケット疑似カード「プロテクト」といった、疑似カードダメージゾーンを置くことで、そのまま疑似カードの消去処理?で消滅する形となり、ダメージゾーンの枚数はそのままとなる。
 もしダークイレギュラーズを相手にした場合は、最後まで取っておくと後々助かるだろう。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.1V-SS09/050 RRR イラスト/篠丸峰山虚無の祝福(ギフト)は希望を奪い、世界を沈黙させていく。
スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.1V-SS09/SP08 SP イラスト/篠丸峰山なし