蒼波元帥(そうはげんすい) ヴァレオス》(Vシリーズ) [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
アクアフォース - アクアロイド パワー12000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【カウンターブラスト】(1), 【ソウルブラスト】(1)]することで、相手のヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー-5000し、相手のヴァンガードがグレード3以上なら、この効果とガーディアンのシールド以外でパワーが増減しない。
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[手札からあなたのヴァンガードと同名のカードを1枚捨てる]ことで、あなたのサークルのマーカーをすべて除外し、ドロップゾーンから5枚まで(R)にコールする。
【自】【(V)】【ターン1回】:あなたのユニットがアタックしたバトル終了時、あなたのリアガードが2枚選び、それらの位置を交換してよい。

 クランセレクションプラス Vol.2で収録されるグレード3のアクアフォース

 1つ目は、カウンターブラスト(1)、ソウルブラスト(1)することで、そのターン中、相手のヴァンガードのパワー-5000し、相手のヴァンガードグレード3以上なら、この効果とガーディアンのシールド以外でパワーが増減しない起動能力

 同じく相手のヴァンガードにパワーを減少させる《終末の切り札 レヴォン》(アクセル)よりコストが重いが、特筆すべきなのがパワーの固定。
 相手ダメージチェックで発動したトリガーアイコンだけでなくクイックシールド・チケットの効果であってもパワーが増えなくなるのでそれらによる要求シールド値の軽減を阻害し、結果的により確実に多くのシールドを要求することが可能となる。
 
 パワーを固定されるのはこの能力の効果で選ばれたヴァンガードのみであるため、その後に相手が《神装天機 シン・マルクトメレク》スペリオルライドに成功した場合、その《神装天機 シン・マルクトメレク》はトリガーアイコンやクイックシールド・チケットでパワーを増やすことができる。
 他にも、効果によってヒットを防げる完全ガードなど、対抗策がないわけではないことを頭に入れておきたい。

 2つ目は、自分のヴァンガードと同名のカードを1枚手札から捨てることで、自分のサークルのマーカーを除外し、ドロップゾーンから5枚までコールする起動能力

 ヴァンガードサークルにある自身と同名のカードを捨てれば、すべてのリアガードサークルを埋めることができ、ドロップゾーンから選ぶのでガーディアンサークルにコールされたユニットを戻すことが可能。
 そのかわり、既に配置されていたアクセル・マーカーを除外され、その上にリアガードがあれば、そのリアガードも揃ってサークル上から消えることとなる。

 スペリオルコールする枚数は調整できるので、事前にコールしているリアガードを退却させる必要がない。
 もっとも、レスト状態になっていたり、暗黒繭マーカーによって能力を失っている場合は、思い切って退却させても構わない。

 3つ目は、自分のユニットがアタックしたバトル終了時、自分のリアガード2枚の位置を交換できる自動能力

 自分のリアガードを好きな位置に移動させることができ、前後だけでなく左右、さらには中央後列にも位置を移動できるのも大きなポイント。
 加えて、位置交換にコストを払う必要がないので、リアガードのスタンドに使うコストを温存できるメリットもある。

 ブーストを行わずにこの能力を利用した場合、1ターンで最大6回ものアタックが行える。
 ただ、起動能力を発動せず、アクセル・マーカーが配置されているのなら、そこを重点的に交換させるといった活用法もある。その上にいるユニットのパワーが常に上昇するので、繰り返して行えば、1回ごとのアタックの密度も大きくなる。

 ただし、注意すべきなのがフロントトリガーの存在。効果が発動した場合、パワー増加を受けるのはその時点で前列にいるユニットのみであり、位置交換を行った場合でも、前列に移動したユニットには恩恵は受けられない。

 2つ目の起動能力と3つ目の自動能力は噛み合いづらいが、それぞれの状況に合わせて使えばいい。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.2V-SS10/071 RRR イラスト/伊藤未生世界を救うため、世界を滅ぼす。それが俺のーー。
スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.2V-SS10/SP11 RRR イラスト/伊藤未生なし