《ドーントレスドライブ・ドラゴン》(フォース) [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
かげろう - フレイムドラゴン パワー13000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:あなたのドライブチェックでノーマルユニットが2枚以上出たバトル終了時、そのターン中、あなたの前列のリアガード1枚のパワー+10000。
【自】【(V)】【ターン1回】:アタックしたバトル終了時、あなたの手札が4枚以上なら、【コスト】[手札を3枚捨てる]ことで、このユニットを【スタンド】する。
【自】:ライドされた時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、この能力以外の、このカードが持つ【自】能力をすべて与える。

 クランセレクションプラス Vol.2で収録されるグレード3のかげろう

 1つ目は、自分のドライブチェックノーマルユニットが2枚以上出たバトル終了時、そのターン中、自分の前列のリアガード1枚のパワー+10000する自動能力

 確率的に発動する機会は多く、ドライブチェックトリガーユニットが出なかった場合の保険に使える。
 ただし、ノーマルユニットが最低でも2枚出ることが条件なので、オーダーカードが出た場合は効果そのものが発動しないことに要注意。

 2つ目は、アタックしたバトル終了時、自分の手札が4枚以上なら、手札3枚を捨てることで、このユニットをスタンドする自動能力

 《ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート》(フォース)《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》(フォース)と同じく手札を捨てることで確実なスタンドを行うことが可能。
 しかもドライブを減らさずにスタンドすることが可能なので、先述した自動能力の発動を狙う機会を増やすことができる。
 《ヒートショット・ドラゴン》とは抜群の相性であり、ブーストされた状態でスタンドすれば、ブーストした《ヒートショット・ドラゴン》もスタンドできるので、パワーが落ちてしまうリスクを抑えられる。
 
 3つ目は、ライドされた時、そのターン中、自分のヴァンガード1枚に、この能力以外のこのユニットが持つ自動能力すべてを与える自動能力

 ライドされることで、このユニットが持つ自動能力、すなわちリアガードのパンプアップと、自身のスタンド能力をこのカードにライドして登場したユニットに与えることができる。
 再ライドによって余分に発生する1枚分のディスアドバンテージを計算に入れておく必要はあるものの、2枚目以降や「オーバーロード」を含むカードのような自力でスタンドできるユニットにこのカードにライドすれば、コスト次第で最大3回ものヴァンガードによるアタックを実現できる。
 特に《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》(フォース)とは相性が良く手札が2~5枚の状態から2回のスタンドを、1回目はこのカード能力ドライブ2、2回目はあちらの能力の上段の効果によってドライブ1の状態で合計で4:3交換の消費で行える。
 さらに手札の枚数が4枚でソウルに「オーバーロード」を含むカードがあるなら、あちらの能力の2つの効果で2回スタンドした後、このカード能力を利用することで正味カード4枚分の追加消費と引き換えにドライブ0の状態ながら3回目のスタンドを実現できる。

 一方、《ドラゴニック・オーバーロード “The X”》(フォース)とはやや噛み合いが悪く、手札の枚数を参照する際、条件を満たせなくなる弊害が起きる。

 また、グレード4である《超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ》(フォース)をこのカードにライドし、あちらの起動能力を発動させた場合、パンプアップ効果が使えなくなるが、減らされた分のドライブチェックをスタンドで埋め合わせることが可能。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.2V-SS10/022 RRR デザイン/スズキゴロウ イラスト/コガラツ古き竜は、絶望に抗う力を授ける。
スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.2V-SS10/SP04 SP デザイン/スズキゴロウ イラスト/コガラツなし