隠密魔竜(おんみつまりゅう) マガツストーム》(ぬばたま) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (プロテクト)
ぬばたま - アビスドラゴン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:相手のヴァンガードにアタックされた時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),リアガード2枚退却させる]ことで、そのバトル中、このユニットはヒットしない。
【自】【(V)】:【ターン1回】あなたのターンにあなたのリアガードが手札に戻った時、【コスト】[グレード3を【ソウルブラスト】(1)]することで、1枚引き、手札を3枚(R)にコールし、そのターン中、それらのパワー+5000。

 宮地学園CF部で収録されるグレード3のぬばたま

 1つ目の能力は、相手ヴァンガードアタックされた時にカウンターブラスト(1)とリアガードを2枚退却させることで、そのバトル中このユニットヒットされなくなる自動能力

 守護者と同じように2枚分のカードの損失でヒットされない効果を適用できる。
 守護者と違い、このカードヴァンガードアタックにされた時かつこのカード自身にしか効果を適用できない点と、コストカウンターブラストを要求することからそれらのリソースを残して置かなければ使えない点で劣っているが、《ドラゴニック・ウォーターフォウル》(フォース)のような手札から守護者コールを封じるカードへの対策になる点やシールドが不足していて、守護者も使えない状況でもフィールドに置かれている適当なリアガード2枚の消費でヒットを防げる点では優る。

 2つ目の能力は、リアガード手札に戻った時にグレード3をソウルブラスト(1)することで1枚ドローし、手札を3枚リアガードサークルコールし、そのターン中それらのユニットパワー+5000を与える自動能力

 ソウルグレード3が必要で、リアガード手札に戻す手段が必要だが、バトルフェイズ中の誘発に成功したなら、スペリオルコールによるスタンド状態のリアガードの補充によりそのターンで行うバトルの回数を最大で2回増やせる。

 このカードアタックしたバトルクローズステップ以降のタイミングで誘発すれば、この能力効果によるドローに加えてドライブチェックで加わったカードスペリオルコールの選択肢となる他、《忍竜 マガツゲイル》(ぬばたま)《月下の忍鬼 サクラフブキ》(Vシリーズ)を再度コールすることで手札の質を高めることができる。

 ソウルグレード3を置く手段は基本的に再ライドなので7ターン目以降での利用を狙うことになるが、理論上においては《千本太刀の忍鬼 オボロザクラ》(Vシリーズ)《刹那の忍鬼 ツナマサ》等の存在により運がよければ5ターン目からでも利用を狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック宮地学園CF部V-BT03/004 VR イラスト:イトウヨウイチ見切れるなどと思わぬことだ!忍法・流星分身(メテオ・シャワー)
V-BT03/SV04 SVR イラスト:イトウヨウイチなし