超獣神(ちょうじゅうしん) イルミナル・ドラゴン》(アクセル) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【ターン1回】【(V)】:あなたのリアガードがアタックし、ヒットしなかったバトル終了時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、そのユニットを【スタンド】し、そのターン中、パワー+10000。そのユニットで相手のヴァンガードにアタックする。
【自】【ターン1回】【(V)/(R)】:あなたの他のユニットのアタックがヒットした時、そのターン中、このユニットのパワー+15000。

 The Heroic Evolutionで収録される収録されるグレード3のノヴァグラップラー

 アクセルで追加されたリアガードサークルにいるユニットまで含めた前列ユニット4枚以上の存在に加えて、スタンド手段の多い【ノヴァグラップラー】であれば、バトル回数は十分に稼げる筈なので、全く誘発しないということは稀だろう。

 単体でのパワーが安定している追加のリアガードサークルにいるユニットスタンドしたい所だが、それらのユニットアタックはノーガードされやすい傾向にあるので、狙ったリアガードスタンドする手段としては向いていない。

 実質的にヒットを狙えないパワーリアガードパワー+10000を与える手段としても使えなくは無いが、コストを考えると少し勿体ないだろう。

 単体で《マキシマムライザー》(Vシリーズ)以上のパワーとなるのは非常に強力だが、このカードより前のバトルに参加したユニットアタックヒットするかどうかは相手の判断によるので過信しないようにしたい。
 《獣神 アズール・ドラゴン》(アクセル)の1つ目の自動能力《獣神 ブラック・トータス》(Vシリーズ)等のアタックヒットしなかった際にこちらが利点を得る能力と組み合わせておくのが無難だろう。

 プレミアムスタンダードでは、【獣神】としても、「獣神」のサポートを受けつつアクセルの獲得ができるグレード3のカードとして優秀であるが、6ターン目以降の場合はGユニット超越と両立しやすい能力を持つ《獣神 アズール・ドラゴン》(アクセル)の方が優秀である場合が多い。
 リアガードサークルでの運用を前提としておくのが良いだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe Heroic EvolutionV-EB06/006 RRR イラスト/たにめそ勝つまで戦う、それが戦場(リング)に生きる獣の本能。