(だい)99代次元(だいじげん)ロボ司令官(しれいかん) グレートダイアース/99th-gen Dimensional Robo Commander, Great Daiearth》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(2),あなたのGゾーンから裏の「第99代次元ロボ司令官 グレートダイアース」を1枚選び、表にする] あなたのカード名に「次元ロボ」を含むハーツカードがあるなら、あなたの山札からカード名に「次元ロボ」を含む、グレード3とグレード2の、カードをそれぞれ1枚まで探し、別々の(R)にコールし、その山札をシャッフルする。さらに、あなたのGゾーンの表のカード名に「次元ロボ」を含むカードが2枚以上なら、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。

 宇宙の咆哮で収録されたディメンジョンポリスGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(2)とGペルソナブラストで「次元ロボ」のハーツカードがあるなら、「次元ロボ」の、グレード3とグレード2のカードをそれぞれ1枚までスペリオルコールし、さらに「Gゾーンの表の「次元ロボ」のカードが2枚以上ならクリティカル+1を得る起動能力を持つ。

 要件効果の性質上、基本的に【次元ロボ】専用のGユニットとなる。

 Gペルソナブラストに加えてカウンターブラスト(2)とややコストは重めだが、ディメンジョンポリスとしては非常に珍しいスペリオルコールが行える。

 【次元ロボ】においては、確実にアドバンテージを稼げる手段というだけなく、《暗黒次元ロボ “Я” ダイユーシャ》《次元ロボ司令長官 ファイナルダイマックス》を運用する上でリアガードの枚数を揃える手段としても有用。
 《次元ロボ ダイジェット》スペリオルコールしてその起動能力に繋げれば、ガード強要も行える。

 《超次元ロボ ダイユーシャ》を確実にスペリオルコールする手段としても使えることから、その後に《超次元ロボ ダイヤード》《次元ロボ ゴーキャノン》起動能力コストを利用して《暗黒次元ロボ “Я” ダイユーシャ》《究極次元ロボ グレートダイユーシャ》クロスライドを有効化するコンボが狙いやすい。
 それ以外のグレード3の「次元ロボ」のカードスペリオルコールした場合でも《暗黒超人 オメガ》自動能力効果ソウルに置く候補となる。

 追加効果は、Gゾーンの表の「次元ロボ」のカードが2枚以上ならクリティカル+1を得る継続効果

 要件が満たせるタイミングは基本的に8ターン目以降と少し遅めだが、クリティカルの増加は十分に強力な効果
 要件を満たすにはGゾーンに表の「次元ロボ」のカードが2枚以上必要となるので、予めこのカード《次元ロボ司令長官 ファイナルダイマックス》等の適当な「次元ロボ」のGユニット超越しておくか、《超宇宙勇機 エクスタイガー》《超宇宙勇機 エクスリード》等の能力Gゾーンの裏の「次元ロボ」のカードを1枚以上表にしておかなければならない点に注意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「ダイユーシャ」の「超越」によって召喚された超巨大《次元ロボ》。多次元に点在する次元ロボを束ねた99代目の司令官であり、単機では史上最強と謳われた剛将。あらゆる悪人から恐れられ、彼が司令官である間は目に見えて犯罪が激減したという。しかし、その着任期間は短かった。突如迫り来た遊星と本部の衝突を回避する為、身を挺して遊星の軌道を強引に変えたのである。その代償として、彼の体とコアは塵となり、宇宙に溶けた。永き時を経てなお、その偉業は褪せる事なく次元ロボたちのメモリーに記憶されている。

  • 身を挺して軌道を変えた「遊星」とは、「根絶者」の本拠地である「遊星ブラント」の事だろうか。
  • 「司令官」の称号と惑星を守るために身を挺して命を散らすという展開から、元ネタは「超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説」のコンボイだろうか。ただし、コンボイは数話後に復活を果たしている。

FAQ 節を編集

  • Q1209 (2015-03-12)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1210 (2015-03-12)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。
  • Q1211 (2015-03-12)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1212 (2015-03-12)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1213 (2015-03-12)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q1214 (2015-03-12)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報 節を編集

エクストラブースター宇宙の咆哮G-EB01/001 RRR イラスト/タカヤマトシアキ宇宙に輝く希望の大地、この星の未来は私達が守る!
G-EB01/S01 SP イラスト/タカヤマトシアキこの星の美しい光も、何万年もかけて宇宙を渡るのだ。