次元(じげん)ロボ ダイジェット/Dimensional Robo, Daijet》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[あなたのドロップゾーンからカード名に「次元ロボ」を含むグレード3のカードを1枚選び、山札の上に置く] あなたの山札をシャッフルし、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+4000し、【自】(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。』を与える。

 宇宙の咆哮で収録されたグレード2のディメンジョンポリス

 ジェネレーションブレイク(1)は、1ターンに1回、ドロップゾーンから「次元ロボ」のグレード3をデッキトップに置くことで、ヴァンガード1枚にパワー+4000と『ヴァンガードヒットした時にカウンターブラスト(1)で1枚ドローする自動能力』を与える起動能力

 使えるのは6ターン目以降と遅くコストも若干厳しいが、《次元ロボ ダイブレイブ》起動能力で与えるのと同じ能力に加えてパワーまで増やすことができるのでガード強要を行う際に要求シールド値を増強できる。
 タイミングの遅さからガード強要は活かしづらい面もあるが、ドロップゾーンに「次元ロボ」のグレード3を確保し続けることができればヴァンガードに継続的にパワー+4000を与えることができる。

 「次元ロボ」のグレード3をコストに使ってGユニットノーマル超越を行えば、ジェネレーションブレイクを有効化しつつコストを確保することができ、高パワーGユニットガード強要を行う能力を与えることができる。
 山札グレード3が増えてしまう点も後々に《超次元ロボ ダイカイザー》《真・究極次元ロボ グレートダイカイザー》《伝説の次元ロボ ダイカイザー・レオン》等の利用を視野に入れるのであれば利点になり得る。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

宇宙の平和を守る使命を帯びた別次元の勇者。
ジェット機形態の「次元ロボ」で、その飛行能力・空中戦力は「ザンバード」をも凌ぐと言われる実力者。
惑星クレイにおいては、主に物資の運搬やパトロール、空中での機動力を生かした他機のサポートを任務としている。
“時空混線”や“超越”の事件が起きた直後に指令を受けクレイに降り立ったが、元の次元では新人の指導を行っていた古株。
「勇者とは、勇気とは、闇雲な突撃を行うものではない――自分の力を、自分の役割を知り、命を懸けて他の為に戦うもの。それが勇気、それが勇者だ」
彼の言葉を胸に刻み、新たな勇者が旅立って行く。
そして、彼自身も「勇者」の心を胸に、クレイの空を翔ける。

FAQ 節を編集

  • Q1212 (2015-03-12)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1215 (2015-03-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

エクストラブースター宇宙の咆哮G-EB01/013 R イラスト/full_atsushi自分を知れ。そうすれば、自分の役割が見えてくる。