竜胆(りんどう)銃士(じゅうし) アンテロ/Rindo Gentian Musketeer, Antero》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ネオネクタール - バイオロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヒットした時、このユニットと同名の他のあなたのリアガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 トライスリーNEXTで収録されたグレード2のネオネクタール

 要件で要求するユニットが自身と同名のカードリアガードとなり、低コストで使える《グラスビーズ・ドラゴン》といった性能を持つ。

 同じく3ターン目から利用でき、ヴァンガードサークル上では2枚目をコールするだけで要件を満たす事ができるが、その2枚目は要件を満たせない。
 2枚目を用意できずとも《風に舞う乙女 フランソワ》《萌しの乙女 イーダ》起動能力を利用することでも要件は満たせるのでそちらの存在も考慮するとよい。

 3ターン目で手札にこのカードを含むグレード2のカードが3枚以上揃ったのであれば、別のグレード2のカードライドして、このカードを2枚コールして速攻を行えば、その2枚で高効率でのガード強要ができる。

 《グラスビーズ・ドラゴン》の他にも《ウィステリアナイト》《メイデン・オブ・ロストメモリー》等、近いドロー能力持ちは他にもいるが、差別化はされているので、求める戦術に合わせてどちらを採用するか決めても良いだろう。

 「銃士」としてのシナジーは薄いが、【銃士】では《リコリスの銃士 サウル》よりは汎用的に使えるドロー手段としてそれなりに活躍は期待できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「正義」「誠実」の花言葉を持つ「竜胆」から生まれた花の銃士。「アーシャ」と同世代のバイオロイドであり、昔は身体が弱いことが原因でよく他の子にいじめられていた。その際、1度だけアーシャが助けに入ったことがあるらしく、勇気を出して抵抗することの大切さを教えてもらったのだという。残念ながらアーシャはそれを覚えていなかったのだが、「アンテロ」は彼女の警備を任されたことに運命を感じており、彼女を「姫様」と呼んで忠誠を誓っている。なお、冗談の類がまったく通じない生粋の堅物であり、下手にからかうと真っ二つにされかねないので注意。「ルアード」との決闘に敗北し、自分の弱さを責め続けた彼は、“ギアクロニクル”の調査員と接触したことで、水面下で協力者を募っている特別な作戦の存在を知る。さらなる力と知識を求め、作戦への参加を決意するアンテロ。その決断が、守るべき者の心に深い傷を残してしまうことを、この時の彼は知る由もない。

【バイオロイドの核「心華」】
「バイオロイド」の胸には「心華」という花の蕾のような器官がある。これは人でいう心臓にあたり、これを破壊されたバイオロイドは姿形を保てず、黒い砂のようになって崩壊してしまう。心華は人の心臓と同じように身体の中、胸の中央やや左にあるのが一般的だが、「花の銃士」のような特殊な役目を負う者は、心華の一部を主に捧げることがある。当然この預けた心華が傷つけば、本来の持ち主である者の命にも影響が出る。故に、心華を捧げるという行為は、最上の信頼を意味するのである。なお、心華は持ち主の精神に大きな揺らぎがあった場合、それを感知して変態したという例が存在する。自身の象徴たる核が変形・変色することで、持ち主の身体にも少なからず影響が出るとのことだが、いまだ事例の少ない現象であり、詳しい原因や効果などはわかっていない。

FAQ 節を編集

  • Q2899 (2016-12-08)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2942 (2016-12-08)
    Q. 同名のカードがあるなら/いるならという条件で、参照元が複数の名前を持っていた場合、そのいずれか1つの一致しているカードがあればよいのですか?
    A. はい、そうです。持っているすべてのカード名がすべて同じである必要はありません。

収録情報 節を編集

キャラクターブースタートライスリーNEXTG-CHB01/066 C イラスト/山﨑奈苗貴様らを姫様の前にやるわけにはいかんのだ!