《ウィステリアナイト/Wisteria Knight》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ネオネクタール - バイオロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの(R)に他の「ウィステリアナイト」がいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000し、【自】(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。』を得る。

 討神魂撃で収録されたグレード2のネオネクタール

 ジェネレーションブレイク(1)は、ヴァンガードアタックした時にリアガードサークルに他の《ウィステリアナイト》がいるなら、パワー+2000と『アタックヒットした時にカウンターブラスト(1)で1枚ドローする自動能力』を得る自動能力

 単体パワー11000となりつつ、コスト効率の良いドローが狙えるガード強要が行える。
 ただ、使えるタイミングが遅く、インターセプト潰しにも利用しにくい。

 要件を満たすのは手間がかかる場合もあるが、《春待ちの乙女 オズ》等で2枚目以降をスペリオルコールしたり、《メイデン・オブ・フラワースクリーン》等の他のユニット同名のカードとしても扱える能力を利用することで満たせるので、達成すること自体は難しくない。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ウィステリアの花から生まれた“ネオネクタール”のバイオロイド。
花の構造の都合か、ウィステリアは一度に何体ものバイオロイドを生み出す為、
同じ姿・同じ声という同世代の騎士たちが幾人も存在する。

理由はいまだに謎に包まれたままだが、ウィステリアの花は魔力の吸収率が悪く、
深翠の主と称される“ネオネクタール”の有力者「マスター・ウィステリア」という突然変異が現れるまでは、
一度もバイオロイドとして芽吹いたことが無かった。

しかし、「星輝大戦」の影響で大気と大地、そして精霊の質が若干変異した影響か、
戦争終結後に行われた実験で魔力の定着にあっさりと成功。
以降は一度も失敗することなく、幾人ものバイオロイドがウィステリアから誕生したという。

マスター・ウィステリアは落ち着いた性格をしていたが、
いざ戦となると「命を賭してでも国を守る」という強い愛国心を持っていた。
ウィステリアナイトたちは正反対の好戦的な性格だったが、国を守りたいという想いは本物だった。
同種の花――起源を同じくする親から生まれた者はやはり、本質が似てくるものなのだろうか。

FAQ 節を編集

  • Q1493 (2015-08-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/101 C イラスト/なかざき冬ああ、咲き誇る花よ!