神聖竜(しんせいりゅう) サンクチュアリガード・インペリアル/Holy Dragon, Sanctuary Guard Imperial》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - コスモドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れることができない)
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
(超越した時、ハーツ1枚のパワーとカード名を得る。このユニットは、ターンの終わりに表で戻る)
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの「サンクチュアリガード」を含むハーツカードがあるなら、あなたのグレード1以下のリアガードを1枚選び、そのターン中、『【永】【(R)】:あなたのグレード1以下のリアガード1枚につき、このユニットのパワー+3000。』『【自】(R)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000/クリティカル+1。』を与える。

 DAIGOスペシャルセットGで収録されたロイヤルパラディンGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)で、「サンクチュアリガード」のハーツカードがいるなら、グレード1以下のリアガード1枚に『グレード1以下のリアガード1枚につきパワー+3000を得る永続能力』と『アタックヴァンガードヒットした時にヴァンガード1枚にパワー+10000/クリティカル+1を与える自動能力』を与える起動能力を持つ。

 要件が共通する《神聖竜 サンクチュアリガード・レガリア》と比べると、単純な要求シールド値の増加効率では見劣りしやすいが、与える自動能力ヴァンガードパワークリティカルの増加が狙えるガード強要が行える。

 能力を与えることができるのは、グレード1に限定されているが、主なハーツ化要員となる《サンクチュアリガード・アーク》《サンクチュアリガード・ドラゴン》能力を利用することで1:1交換で確保できるので、ある程度狙ったカードに与えることができる。

 適当なパワー7000のユニットに与えた場合でも、3枚分の効果で単独パワー16000に届かせることができる。
 4枚分の効果なら、《じゃんぷがる》《れんどがる》等の能力と組み合わせて単独パワー22000、《バトルソング・エンジェル》や別の《れんどがる》等を利用して追加でパワー+9000以上を与えればパワー31000ライン以上も見込める。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

偉大なる聖域の守護者「サンクチュアリガード・ドラゴン」の未来における可能性の1つ。内乱が激化せず、人と竜の間に軋轢が生まれなかった未来、白竜王は異種間の絆の重要性を各国に説いて回った。気の遠くなるような年月をかけ、それらが人や竜、機械生命体や不死者たちにまで浸透した頃、クレイには「国境」という境が無くなり、1つの統一国家が生まれていたという。同種はもちろん、異種間の大きな争いも起きず、数万、数億年という単位で平和を維持し、今なおそれを続けている世界……これはあくまで、数多の未来の中で「最もうまくいった平和な世界」の話である。しかし、こういった未来があることを目の当たりにすると、恒久の平和が決して不可能なものではないことを実感できるのも、また事実である。

  • 「インペリアル(Imperial)」とは、英語で「皇帝」、「帝国」を意味する。

FAQ 節を編集

  • Q2046 (2016-04-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2047 (2016-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションDAIGOスペシャルセットGG-DG01/001 イラスト/中村エイトかの竜は、星を統べたとも語られる。