破壊暴君(はかいぼうくん) フルブレードレックス/Destruction Tyrant, Fullblade Rex》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1),あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、あなたの「レックス」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのバインドゾーンから1枚選び、(R)にコールし、そのターン中、そのユニットのパワー+4000。

 剣牙激闘で収録されたたちかぜGユニット

 ヴァンガードアタックしたバトルの終了時に「レックス」のハーツカードがあるなら、ソウルブラスト(1)とリアガード1枚の退却で、バインドゾーンから1枚をスペリオルコールし、パワー+4000を与える自動能力を持つ。

 《破壊暴君 ヘルレックス・マキシマ》と並び、「レックス」のハーツカードがあることを要件とするカード
 こちらはバインドゾーンに置かれているカードを、1:1交換でスペリオルコールする。
 「レックス」のカードの多くはバインドゾーンカードを置くのにディスアドバンテージを負うこともあるので見た目以上に運用は難しいものの、疑似スタンドを行えるのは強力である。
 《鋼弾竜 バラッジレックス》《破裂竜 ミニレックス》等でバインドした「レックス」のカードスペリオルコールするのも良いが、《剣角竜 スケイズレックス》《サベイジ・ミスティック》等と併用してそれ以外のカードスペリオルコールを狙うのも有効となる。
 一例としては、ライドフェイズ開始時にジェネレーションブレイク(1)が満たされている場合に、コストで自発的に退却した《サベイジ・ソーサラー》《サベイジ・ミスティック》バインドし、このカードスペリオルコールし、《サベイジ・ソーサラー》を使い回してノーマル超越を補助するコンボが行える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3035 (2017-02-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3036 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3041 (2017-02-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3045 (2017-02-02)
    Q. ハーツカードもソウルとして扱えますか?
    A. いいえ、ハーツカードはソウルではありません。
  • Q3068 (2017-02-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/030 R イラスト/ショースケ倒すだけでは飽き足らない。細切れにせねば。