眉目秀麗(びもくしゅうれい) ジャンマリオ/Handsomeness, Gianmario》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
グランブルー - ゾンビ パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:亡霊((R)に登場時、亡霊状態にしてよい。そうしたら、ターン終了時に退却)
【自】【Gブレイク】(1):このユニットがドロップゾーンから(R)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+3000し、【自】(R)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、【カウンターチャージ】(1)/【ソウルチャージ】(1)。』を得る。さらに、このユニットが亡霊状態なら、そのターン中、このユニットのパワー+3000。

 超極審判で収録されたグレード2のグランブルー

 2つ目の能力は、ドロップゾーンからリアガードサークル登場した時にパワー+3000と『アタックヴァンガードヒットした時にカウンターチャージ(1)/ソウルチャージ(1)する自動能力』を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力]]。

 使えるタイミングは遅く、ドロップゾーンからスペリオルコールする手間がかかるが、パワーガード強要が行える能力を得られ、得られる能力誘発条件は厳しいものの、誘発に成功すればカウンターチャージ(1)とソウルチャージ(1)によってリソースの補充が行える。

 純粋なリソース補充の手段として見た場合、確実性と即効性の面で《三ツ星シェフ ピエトロ》《キング・サーペント》等に譲るが、こちらはパワーの増加効果によって単体でも前列要員としての役目を果たすことができ、疑似スタンドを絡めた運用もしやすいといった点で優れる。

 追加効果は、亡霊状態なら、追加でパワー+3000を得るというもの。

 これを利用することで他のパワー増加効果ブースト役との併用でパワー21000ライン以上をかなり狙いやすくなるが、[[亡霊]能力時限誘発によりインターセプトを行えるリアガードを1枚失うことになる。

 時限誘発による退却については、《不眠船長 ブラックギーク》《七海覇王 ナイトミスト》等の時限誘発付きのスペリオルコール手段を利用していたり、《一鬼当千 ナイトストーム》《海賊剣士 コロンバール》等で他のカードをこのカードがいるリアガードサークルコールして疑似スタンドを狙うなら気になりにくくなる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1780 (2016-08-25)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まずGユニットの移動を同時に行ないます。その後、解呪、デリート解除がすべて同時に行なわれ、その後、「解呪」等で誘発した能力とGユニットが移動したことによって誘発した能力が解決されます。それらが終わったら、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。

収録情報 節を編集

ブースターパック超極審判G-BT08/088 C イラスト/中村エイトゾンビたる者、身嗜みには気を遣わねばならない。