腐海(ふかい)呪術師(じゅじゅつし) ネグロルーク/Witch Doctor of the Rotten Sea, Negrorook》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
グランブルー - デーモン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:亡霊((R)に登場時、亡霊状態にしてよい。そうしたら、ターン終了時に退却)
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):このユニットがアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000し、このユニットが亡霊状態なら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

 冥刻の吸血姫で収録されたグレード2のグランブルー

 ジェネレーションブレイク(1)は、アタックした時にパワー+2000を得て、亡霊状態であるならパワー+5000を得る自動能力

 使えるタイミングは遅いが《ルイン・シェイド》のように山札を消費することもなく同等のパワーを得られ、亡霊状態にしておけば単独でパワー16000となる。
 亡霊時限誘発ドロップゾーンに置かれた後でも、《夜霧の吸血姫 ナイトローゼ》《海賊剣士 コロンバール》等の能力スペリオルコールしてやれば再利用も狙いやすい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

大海賊団“グランブルー”に所属する「夜薔薇(ナイトローゼ)海賊団」の団員。
出身は、死海「イヴィル・スプレッド」と並んで恐れられる海域――「ロット・ウォーターズ」。
生物の細胞を腐らせ死に至らしめる瘴気が海底から湧き上がることから、別名「腐海」とも呼ばれる魔の海である。

ナイトミストが全団船長となる前の“グランブルー”を知る年経たアンデッドで、
「ナイトローゼ」が新たな海賊団を立ち上げた時、「ナイトミスト」が
破天荒な彼女の監視も兼ねて寄越した増員――つまり、本来は「七海覇王海賊団」の所属である。

なお、彼はまだ「ナイトローゼ」のことを船長と認めてはいない。
大胆さの中にほどよい思慮深さを持つナイトミストと比べ、彼女はあまりに未熟だからだ。
必要以上にナイトローゼを助けはしない――それが、船を移る際にナイトミストへ突きつけた条件だった。

全団船長が期待をかける少女、「半人前の船長」が、果たして自分を唸らせるほどの大物となり得るのか。
それを確かめたいからこそ、今日も呪術師は海兵と斬り合う彼女を軽やかに無視するのだ。

FAQ 節を編集

  • Q1902 (2016-02-18)
    Q. 「~そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。」効果を得たり与えられたりしたユニットが、他の効果でリアガードサークル以外の場所に置かれました。そのカードはどうなりますか?
    A. 何も起きません。カードがフィールド以外の場所に移動した場合、そのカードは別のカードとして扱われます。
  • Q1903 (2016-02-18)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q1904 (2016-02-18)
    Q. 亡霊とはなんですか?
    A. 亡霊とは、この能力を持つユニットをリアガードサークルにコールした時、そのユニットをそのターン中、亡霊状態にすることができる能力です。亡霊状態となったカードはターンの終了時に退却します。

収録情報 節を編集