時空竜(じくうりゅう) グロッグロック・ドラゴン/Interdimensional Dragon, Grogrock Dragon》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ギアクロニクル - ギアドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - 【コスト】[手札からグレードが合計3以上になるように1枚以上、捨てる]ことで、裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:アタックしたバトル終了時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),リアガードを4枚バインドする]ことで、このユニットをGゾーンに表で置き、あなたの山札からグレード3以上を1枚まで探し、【スタンド】でライドし、そのターン中、ドライブ-1し、山札をシャッフルする。

 プレミアムコレクション2020で収録されたギアクロニクルGユニット

 アタックしたバトル終了時、カウンターブラスト(1)し、リアガードを4枚バインドすることで、このユニットGゾーンに表で置き、あなた山札からグレード3以上を1枚まで探しスタンドライドし、そのターン中、ドライブ-1し、山札をシャッフルする自動能力を持つ。

 バトルフェイズ中に山札からグレード3以上のカードスペリオルライドすることによってドライブ1のヴァンガードの疑似スタンドが行える。
 ドライブ1での疑似スタンドに対してコストリアガード4枚のバインドは重く、4:1交換で3枚ものディスアドバンテージを負ってしまうことになる。
 グレード3のカードライドすることできるがそれらでディスアドバンテージを取り戻すかそれに見合う働きを期待するのは難しいため、基本的にはライドする候補はグレード4のカードから選択することになる。

 グレード4のカード元々のパワー15000を持つため、次のターンでの守りに強く、ハーツ状態になった場合にはその数値がGユニットに加算されるので、ライドすることによって攻守両面で恩恵が受けられる。
 中でも《時空竜 ミステリーフレア・ドラゴン》(ノーマルユニット)《時空竜 イディアライズ・ドラゴン》バインドゾーンカードグレードの合計を参照する能力を持つカードも含まれているため、コストバインドも有効利用できる。

 また、スペリオルライドする前に自身をGゾーンに表で置くため、《時空竜騎 ロストレジェンド》ハーツ化していた場合はコストは嵩むがそちらの能力でもディスアドバンテージの相殺が可能となる。

 ライドする主な候補については以下の通り。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q5932 (2020-05-22)
    Q. ハーツカードが「時空竜騎 ロストレジェンド(V-EB04/007)」の状況で、このカードの効果により、山札からグレード3以上にライドしました。「時空竜騎 ロストレジェンド(V-EB04/007)」の“ライドされた時”を条件とする自動能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。

収録情報 節を編集

スペシャルシリーズプレミアムコレクション2020V-SS07/019 RRR イラスト/イトウヨウイチ狙うぜ、明日の絶対勝利。
V-SS07/S19 SR イラスト/イトウヨウイチ(※なし)