孤高(ここう)騎士(きし) ガンスロッド》(フォース) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
ロイヤルパラディン - エルフ パワー13000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたの、(V)か(R)の「ブラスター・ブレード」すべてのパワー+10000。
【永】【(V)】:あなたのターン中、相手のヴァンガードがグレード3以上なら、「ブラスター・ブレード」がいるあなたの前列のサークルは(V)になる。((V)能力が発動し、ドライブチェックも行う)

 天馬解放で収録されるグレード3のロイヤルパラディン

  1つ目の能力は、リアガードサークルヴァンガードサークルにいる《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)パワー+10000を得る永続能力
 《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)パワー20000のユニットとして扱えるようになる。
 《モナークサンクチュアリ・アルフレッド》の違いはシールド数値の増加に対し、攻撃系の永続能力。さらにライドする際に獲得したフォースも利用して集中的にパワーを増やせば、単体でもパワー30000まで狙える。

 2つ目の能力は、あなたのターンで相手のヴァンガードがグレード3以上なら前列サークルにいる《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)ヴァンガードサークルになる【永】効果。

 他のサークルが変わる効果は史上初。さらに、同弾で《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)も収録しているためこのパックだけでデッキを作成できる。

 ただしヴァンガードサークルいる《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)は同じか1より大きいグレードライドできるが、移動不可/中央前列だけは超越なので注意しよう。

  • アニメでも先導アイチの使用カードとして登場。アイチが初めて入手し、初めてライドしたグレード3のカードだったが、
    リメイク版ではながらく使用していなったが、第11話のヴァンガード甲子園の準決勝(VS櫂トシキ)にてついに登場。リメイク前を比べると大幅なリニューアルを遂げた。ヴァンガード甲子園の決勝戦以降でも使用するなど、歴史的な展開だったこともわかるはずだ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q5392(2019-07-11)
    「導きの賢者 ゼノン(V-MB01/004)」をコールし、その自動能力により公開された山札の上のカードのグレードが2か3でした。「ブラスター・ブレード」にライドすることはできますか?
    はい、ライドすることができます。
    “そのカードのグレードがあなたのヴァンガードと同じなら”という要件は、ヴァンガードが複数枚存在している場合、そのいずれかのグレードと同じであれば満たされます。
    したがって、ヴァンガードが「孤高の騎士 ガンスロッド(V-BT05/001)」、「ブラスター・ブレード」の状況であれば、公開されたカードのグレードが2か3で、要件は満たされます。
    また、そのライドは特に指定がないスペリオルライドのため、「孤高の騎士 ガンスロッド(V-BT05/001)」か「ブラスター・ブレード」のどちらにでも行うことができます。
  • Q5391(2019-07-11)
    「薔薇の騎士 モルガーナ(V-BT01/026)」がアタックする場合、“あなたのヴァンガードのグレード1につき、そのバトル中、このユニットのパワー+3000”という効果は、どのヴァンガードのグレードを参照しますか?
    ヴァンガードのグレードの合計を参照します。
    そのため、「ブラスター・ブレード」がリアガードに1枚いた場合、「孤高の騎士 ガンスロッド(V-BT05/001)」とあわせた合計のグレードは5となるため、パワー+15000されます。
  • Q5390(2019-07-11)
    「プラック・エンチャンター(V-BT05/030)」がいる前列のサークルに、「ブラスター・ブレード」をコールしました。
    「プラック・エンチャンター(V-BT05/030)」の“【(R)】”を有効領域とする“あなたの「ブラスター・ブレード」が登場した時”を条件とする自動能力は、発動しますか?
    はい、発動します。
  • Q5389(2019-07-11)
    「小さな賢者 マロン(V-BT01/014)」の自動能力は、自身が後列に存在し、その前列に「ブラスター・ブレード」がコールされた場合、発動しますか?
    いいえ、発動しません。
    「ブラスター・ブレード」は、リアガードではなくヴァンガードとして登場するため、“あなたの他のリアガードがこのユニットと同じ縦列に登場した時”という条件を満たすことができません。
    なお、「小さな賢者 マロン(V-BT01/014)」が前列に存在し、その後列に「ブラスター・ブレード」がコールされた場合であれば、「ブラスター・ブレード」はリアガードとしてコールされているため、自動能力は発動します。
  • Q5388(2019-07-11)
    「ギガンテック・チャージャー(V-BT01/042)」の自動能力は、「ブラスター・ブレード」が前列にコールされた場合、発動しますか?
    はい、発動します。
    「ブラスター・ブレード」はコールされますが、リアガードではなくヴァンガードとして登場しているため、“あなたの他のヴァンガードが登場した時”という条件を満たすことができます。
  • Q5387(2019-07-11)
    メインフェイズにて「ブラスター・ブレード」がいる前列のサークルと、その後列のリアガードの位置を入れ替えることはできますか?
    いいえ、できません。
    位置の入れ替えは、同じ縦列のリアガードサークル間でのみ行うことができます。
    なお、後列の「ブラスター・ブレード」と、それ以外の同じ縦列のリアガードを入れ替えることは可能です。
  • Q5386(2019-07-11)
    「ブラスター・ブレード」をハーツカードにして【超越】や【究極超越】することはできますか?
    いいえ、できません。
    【超越】や【究極超越】は、中央前列のヴァンガードにのみ、行うことができます。
  • Q5385(2019-07-11)
    このカードと「ブラスター・ブレード」がヴァンガードとして存在し、相手の「遊星骸神 ブラントリンガー(V-EB06/004)」の起動能力によってトリガー効果が変更されている状況です。自分のターンの、いずれかのヴァンガードのドライブチェックにてクリティカルトリガーが出た場合、“そのバトル中、あなたのヴァンガードのクリティカル-1”により、もう一方のヴァンガードのクリティカルは減りますか?
    はい、減ります。
    なお、この効果は“そのバトル中”を期限としているため、一方のヴァンガードのバトルにより、この効果が適用された場合でも、そのバトル以外のバトルにおいては、既に適用されていない状態となっています。
  • Q5384(2019-07-11)
    このカードと「ブラスター・ブレード」がヴァンガードとして存在し、相手の「遊星骸神 ブラントリンガー(V-EB06/004)」の起動能力によってトリガー効果が変更されている状況です。自分のターンのドライブチェックにてヒールトリガーが出た場合、“あなたのヴァンガードに1ダメージ”により、ヴァンガードの数だけダメージを受けますか?
    はい、受けます。
    「ヴァンガードに1ダメージ」という効果には、「○枚に」という指示がありません。
    そのため、自分のヴァンガードが2枚の場合、それぞれに1ダメージ、合計2ダメージが与えられます。
  • Q5383(2019-07-11)
    グレード2の「ブラスター・ブレード」から、グレード4の「エクスカルペイト・ザ・ブラスター(V-MB01/001)」にライドすることはできますか?
    いいえ、できません。
    ブレード2である「ブラスター・ブレード」からライドする場合、グレード2か3にしかライドできません。
  • Q5382(2019-07-11)
    ライドフェイズに、「孤高の騎士 ガンスロッド(V-BT05/001)」と「ブラスター・ブレード」それぞれに、1回ずつライドすることはできますか?
    いいえ、できません。
    ヴァンガードが複数いる場合でも、ノーマルライドは1ターンに1度しかできません。
  • Q5381(2019-07-11)
    「ブラスター・ブレード」が前列のサークルに置かれた後、チェックタイミングを待たずにドロップゾーンに置かれます。すでにユニットがいるサークルにコールする場合、元いたユニットをドロップゾーンに置くことまでを含めて“コール”という行動の中で行います。そのため、【(V)】にユニットが2枚いることとなりますが、元いたユニットはソウルではなくドロップゾーンに置かれます。
    ヴァンガード含め、ユニットに個別のソウルが与えられることはありません。ソウルという領域はファイターごとに一か所です。
    そのため、【ソウルチャージ】等でソウルにカードを置く場合、ヴァンガードが複数いても、すべて同じ場所に置きます。
  • Q5380(2019-07-11)
    既にリアガードがいる前列のサークルに「ブラスター・ブレード」をコールした場合、元からいたリアガードはどうなりますか?
    「ブラスター・ブレード」が前列のサークルに置かれた後、チェックタイミングを待たずにドロップゾーンに置かれます。すでにユニットがいるサークルにコールする場合、元いたユニットをドロップゾーンに置くことまでを含めて“コール”という行動の中で行います。そのため、【(V)】にユニットが2枚いることとなりますが、元いたユニットはソウルではなくドロップゾーンに置かれます。
  • Q5379(2019-07-11)
    ライドされた「ブラスター・ブレード」はどうなりますか?
    ソウルに置きます。ライドを行ったことで、そのサークルに2枚のユニットがいる場合、元いたユニットはソウルに置きます。そのため、ライドされた「ブラスター・ブレード」はソウルに置きます。
  • Q5376(2019-07-11)
    ライドフェイズに「ブラスター・ブレード」から別のユニットにライドすることはできますか?
    はい、ライドすることができます。
  • Q5375(2019-07-11)
    「ブラスター・ブレード」がいるサークルは、リアガードサークルとしても扱われますか?
    いいえ、自身のターン中はリアガードサークルとしては扱われません。
  • Q5374(2019-07-11)
    このカードによって「ブラスター・ブレード(V-TD01/004)」がいるサークルが【(V)】になっている場合でも、リアガードが4枚いる場合は、「ブラスター・ブレード(V-TD01/004)」1つ目の能力は有効ですか?
    はい、有効です。
    能力によって、【(V)】になったサークルにいても「ブラスター・ブレード(V-TD01/004)」の【(V)】能力が発動します。

収録情報 節を編集

ブースターパック天馬解放V-BT05/001 VR イラスト/萩谷薫勇気と誇りを胸に、孤高の騎士は天を駆ける。
V-BT05/SV01 SVR イラスト/萩谷薫なし
V-BT05/XV01 XVR ©PV2019/TVA icon:MAMEX HA イラスト/萩谷薫