夜明(よあ)けへと(すす)(もの) シャルハロート》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ダークイレギュラーズ - ヴァンパイア パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:あなたのGユニットが【超越】した時、【ソウルチャージ】(2)してよい。そうしたら、あなたのソウルから深闇能力を持つカードを1枚選び、手札に加え、手札から1枚まで選び、ソウルに置く。
【自】【(V)】深闇(このターン中、あなたのソウルにカードが置かれているなら有効):[あなたのグレード1以上のリアガードを1枚選び、ソウルに置く] あなたのターンの終了時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたのソウルが8枚以上なら、あなたは【カウンターチャージ】(1)。

 竜神烈伝で収録されるグレード3のダークイレギュラーズ

 1つ目の能力は、Gユニット超越した時にソウルチャージ(2)でき、そうしたら、ソウルから深闇能力を持つカード1枚を手札に加え、手札から1枚までソウルに置く自動能力

 《罪を灌ぐ者 シャルハロート》と同様に超越するだけで任意のソウルチャージ(2)が行え、そうした場合に追加効果の実行が行える。
 こちらの追加効果ソウルから深闇能力を持つカードを1枚手札に加えるというもの。
 手札に加えることができるカードの中でも《ディレンジ・シンギュラー》は同じくGユニット超越した時の能力ソウルに置かれるので相性が良く、手札に加えることで、直後のメインフェイズコールすること2ターン後の再利用できるようにしたり、《常闇を裂く者 ブレダマオス》効果による山札送りの回避しつつシールド10000のガーディアンとしての利用が狙える等、手札に加える価値が特に高い。

 ソウル深闇能力を持つカードがある限り、必ずソウルから1枚を手札に加える必要があるものの、任意で手札から1枚までソウルに置く事ができるので、アドバンテージの獲得よりもソウルの枚数の増加を優先するのであれば、手札に加えたカードをそのままソウルに置くのも手だろう。
 ソウルに置くカードの種類に制限は無いので、《ヴェアティーゲル・イェーガー》《エニグマティック・アサシン》等のソウルに置くことに意味のあるカードソウルに置くと良いだろう。

 2つ目の能力は、ターンの終了時にグレード1以上のリアガード1枚をソウルに置くことで、相手リアガード1枚を退却させ、ソウルが8枚以上なら、カウンターチャージ(1)する深闇自動能力

 深闇の制限付きだが、1:1交換の効率で相手リアガード退却で減らしつつ、ソウルが8枚以上であることを要件としたカウンターチャージ(1)でリソースの補充が行える。
 コスト《エニグマティック・アサシン》を再利用する用途には使えないものの、《ヴェアティーゲル・イェーガー》ソウルに置いてカウンターチャージコストを相殺しつつドローするという《グレンツェント・ヴァンピーア》とよく似たコンボが狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/013 RRR イラスト/萩谷薫暗闇の中にあっても前へと進もう。夜は必ず明ける。
G-BT14/S08 SP イラスト/萩谷薫(※なし)