喧嘩屋(ブロウラー) ビッグバンナックル・ドラゴン/Brawler, Big Bang Knuckle Dragon》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「喧嘩屋 ビッグバンスラッシュ・ドラゴン」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2) - カード名に「喧嘩屋」を含むカード] このユニットが【双闘】しているなら、そのターン中、このユニットのパワー+5000し、『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得る。
【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 竜剣双闘で収録されたグレード3のなるかみ

 シークメイトの指定カードは、「喧嘩屋」のヴァンガードアタックヒットした時にパワーを得る《喧嘩屋 ビッグバンスラッシュ・ドラゴン》

 双闘状態での能力は、エスペシャルカウンターブラスト(2)でパワー+5000と『1回のアタック相手前列ユニットすべてとバトルを行う永続能力』を得る起動能力

 その性質は、《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》起動能力に近く、コストは質を要求されるようになったが量は軽減、パワーの増加量も増加している。
 さらに双闘状態の《喧嘩屋 ビッグバンスラッシュ・ドラゴン》パワーも加わるため、リアガードまで守ることはほぼ不可能だろう。

 使えるタイミングは6ターン目以降だが、ダメージゾーンに表の「喧嘩屋」が2枚以上あれば使えるというのも重要な点で、早期の展開に対する牽制としての作用がより大きい。

 《喧嘩屋 ビッグバンスラッシュ・バスター》《喧嘩屋 ビッグバンスラッシュ・ドラゴン》《旋棍の喧嘩屋 アーク》などをリアガードサークルに置いてしておくことで、左列や右列の大幅なパワーの増加を容易に見込めるのも魅力である。

 《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》同様、重めのコスト前列全てを狙う性質からなるかみの主要特性である前列退却能力を持つ他のカードとの噛み合わせが悪く、組み合わせるカードの選定に悩まされやすい。

 ただし、同様の特性を持ちこのカードクロスライドカードである《喧嘩屋 ビッグバンナックル・バスター》が存在しており、併用することでその問題は概ね解決できる。
 基本的にあちらの方が強力ではあるが、デッキ全体の性質を一貫させられることでこのカードもより活躍しやすくなる。

関連カード

ユニット設定

数多の戦で先駆けを務めた強戦士にして《喧嘩屋》のリーダー。粗野で乱暴、呆れるほど無秩序な性格だが、どんな時でも仁と義だけは忘れない熱い漢。部下や後輩からの人望は厚く、《喧嘩屋》のほとんどが彼の一声で集まった事からもその片鱗が伺える。

FAQ

  • Q923 (2014-05-15)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q924 (2014-05-15)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q926 (2014-05-15)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q927 (2014-05-15)
    Q. パワー11000の、このユニットがパワー10000のヴァンガードとパワー10000のリアガードに同時にアタックし、ヒットしました。ダメージチェックでトリガーが出て、そのバトルでアタックされているリアガードのパワーを+5000した場合、そのリアガードは退却しますか?
    A. はい、退却します。そのバトルでヒットすることが確定したユニットは、その後にパワーが増減しても、そのバトルのダメージステップに退却します。
  • Q928 (2014-05-15)
    Q. このユニットが相手の前列のユニット3枚とバトルを行いました。ドライブチェックはどうなりますか?
    A. 通常のアタックと同じ回数ドライブチェックを行います。例えばツインドライブを持っているユニットなら2回です。
  • Q929 (2014-05-15)
    Q. このカードが能力によって相手の複数のユニットにアタックをしました。バトルの処理順を教えてください。
    A. バトルに関連する自動能力は通常のバトルと同様のタイミングで処理が行われます。ガードステップより前と、クローズステップでは通常のバトルと違いはなく、ガードステップからダメージステップは以下の順で行って下さい。1:ガーディアンをコールするファイターは、コールするカード1枚ごとに、アタックされているユニットの中から、どのユニットにガーディアンをコールするか選び、それらを同時にコールします。2:コールする際に選んだユニットにだけ、コールしたガーディアンのシールドの数値を、パワーに足す。3:ドライブチェックを行う。
  • Q930 (2014-05-15)
    Q. このカードが能力によって相手の前列のリアガードを含む複数のカードにアタックをしました。相手は前列のユニットで【インターセプト】できますか?
    A. いいえ、できません。アタックされているユニットは【インターセプト】できないからです。
  • Q931 (2014-05-15)
    Q. 「希望の雷 ヘレナ」で【ブースト】したユニットが複数の相手ユニットとバトルして、相手の前列のユニット3枚にヒットしました。「希望の雷 ヘレナ」の能力は何回発動できますか?
    A. 3回発動します。「コストとして手札を1枚捨て、1枚引く」を3回まで行うことができます。能力は1回ずつ解決していきますので、「コストとして3枚捨ててから、3枚引く」とまとめて行動せず、1回ずつ能力を処理して下さい。

収録情報

ブースターパック竜剣双闘BT16/003 RRR イラスト/椿春雨天地を揺るがすこの拳! 呻れ、ビッグバン・ナックル!
BT16/S03 SP イラスト/椿春雨ヤツの拳が開始の合図。アレが、喧嘩のビッグバン。