《プロミス・ドーター/Promise Daughter》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
オラクルシンクタンク - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:[あなたの手札から《オラクルシンクタンク》を1枚選び、捨てる] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

 コミックスタイルvol.1で収録されたグレード2のオラクルシンクタンク

 リアガードサークルにいても使えるパワーの増加能力は、ブースト等でパワー+7000以上を与えることでパワー21000ラインを超えるため強力である。

 グレード3やドロートリガーなどの余ったカードをうまく処理でき、ヴァンガードが先にアタックしていればドロップする手札がないということはまずない。
 当然、オラクルシンクタンクとはいえ余るほど手札を用意するのは簡単ではないので、序盤から能力を使うのは相当厳しい。

 手札1枚でガーディアンを1枚分余計に要求できるので元は取れている計算になる。
 ただし、1ダメージが1枚以上のアドバンテージに換算できる状況であることが前提である。

 単体でパワー14000になり、その代償として1枚分のディスアドバンテージとなることから《ハイスピード・ブラッキー》にも似ているが、そちらのように他のカード能力とのコンボでディスアドバンテージを回避するといったことは難しい。
 コストでもオラクルシンクタンクを要求していることで混合クランデッキでの汎用性も劣る反面、このカード能力を使ったあとでもリアガードサークルに残るので、コストを払える限り使い続けられる。
 不要になればインターセプトで簡単に処理することができるので一長一短といったところ。

 《タンクマン・モード・ビームキャノン》と比べるとグレードの指定やジェネレーションブレイク(1)を有効化する必要性が無いため、おおよそ優勢だが、デッキアウトを気にするのであれば、あちらを使うのも手である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

皇女に忠誠を誓った近衛戦士であり、その懐刀。現在は皇女と共にオラクルシンクタンクに滞留している。
飛行時に発生する美しい魔力光の煌めきから「光の使者」とも呼ばれる。
風に乗り、光となった彼女の動きは視界の端に捉える事すらできない。見えるのは儚くも力強い光の残滓だけである。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターコミックスタイルvol.1EB01/011 R デザイン:伊藤彰 イラスト:てるみぃ光の使者が舞い降りし時、約束された勝利が実現する。
エクストラブースター神秘の預言者EB07/013 R デザイン:伊藤彰 イラスト:てるみぃこれが、約束された力よ!