《ストームライダー ライサンダー/Storm Rider, Lysander》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
アクアフォース - アクアロイド パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、あなたの《アクアフォース》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、他のこのユニットと同じ縦列にいるあなたの《アクアフォース》のリアガードを1枚選び、このユニットと位置を交換する。(カードの向きは変わらない)

 竜騎激突で収録されたグレード3のアクアフォース

 《ストームライダー ディアマンテス》と比べて、コストが必要な上にヴァンガードアタックした時のパワー《ストームライダー バシル》並、と見劣りする点が大きいが、1回目のバトル以外でも能力を使うことができる

 大抵はインターセプトなどとの兼ね合いを考えても1回目のバトルを担当させるのが無難なので、単純にバトル回数を稼ぐならば《ストームライダー ディアマンテス》の方が使いやすい。

 差別化するならば、やはりバトルさせる順に制限が無い点だろう。
 しかし、この点に関してもパワー増加効果全般との相性が良い《波状螺旋の水将 ベネディクト》とどう差別化するかが鍵である。

 例えば、スタンドトリガーに頼らず意図的に合計5回のバトルを狙う場合等は《ストームライダー バシル》等だけでは成しえないので重用する。

 【アクアフォース】で5回目以降のバトルを要求されるということはいくらか限られてくるものの、相手ダメージゾーンが5枚である等のガードせざるを得ない状況であれば、リアガードアタックだけで4枚もの手札を削る事が可能。

 その場合、《トライスティンガー・ドラゴン》等のリアガードパワーを増やせる能力を持つカードとの組み合わせるなどしてサポートしてやり、パワー11000以上のヴァンガードに対してもヒットを狙えるようにしたい。

 《斬波刀の水将 マックス》と比較すると扱いにくい面もあるが、そこはジェネレーションブレイク(1)が有効化される前から使用できる点で差別化できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q369 (2012-12-07)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか??
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜騎激突BT09/024 R イラスト/前田ヒロユキ甘いな。嵐は、まだまだ終わらんよ!