《スチームメイデン エルル/Steam Maiden, Elul》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ギアクロニクル - ギアロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):あなたのターン中、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、このユニットのパワー+3000。
【自】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から1枚まで選び、(R)にコールし、あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 時空超越で収録されたグレード3のギアクロニクル

 ジェネレーションブレイクは、Gゾーンの表のカード1枚につきパワー+3000を得る永続能力

 1枚からでも単独パワー14000となりブースト込みでのパワー21000ラインを容易に目指せるようになる。
 2枚あれば単独でも不足がないパワー17000、3枚あればブーストが無くても十分なパワー20000となる。

 ただし、《ニキシーナンバー・ドラゴン》《ルインディスポーザル・ドラゴン》等は双闘さえしていればブーストなしでもパワー20000以上に達し、結果的にGゾーンカードを4枚以上表にしなければ、それを上回る働きをするのは難しい。
 基本的には何らかの理由でノーマル超越を行わなかった場合の保険と割り切っておきたい。

 また、十二支刻獣リアガードを利用する場合はGゾーンの表のカードが2枚以上となると《クロノジェット・ドラゴン・G》永続能力に見劣りする場合もある。

 自動能力は単純にパワーラインを上げる使い方になる。
 順当に5〜6ターン目でライドした時にはジェネレーションブレイクは無効であるはずなので、Gユニット超越しないターンなら自身も対象の選択肢になり得る。
 ガード強要力の高いリアガードパワーを増加するのも良いが、順当にライドした時点では利用できるものは少ないことが難点である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

突如クレイに現れた謎の武装集団“ギアクロニクル”の一員。
かつて“ギアクロニクル”に所属していた狂気の科学者が生み出した禁断の兵器――人間を再現した精巧な機械の体に、生身の器官を移植した「時機人形(クロノ・ドール)」。
クランの統治者により製造者である男が処罰された後、この件に関する全ての記録とデータを焼き払った為、製造法などの詳細は一切不明となっている。
「エルル」は4体目の試験体であり、兵器としての実用性が向上している反面、人間らしい感情がほとんど欠落している。
何かと世話を焼いてくる姉「ウルル」の事を最初は邪魔に思っていたものの、自分と違い普通の人間と同じように感情を表出する姉に興味が湧いたらしく、彼女を観察するようになった。
まるで戦闘力に乏しいウルルを守っているように思えるが、本人は「観察対象を保護しているだけ」としか言わない為、真意は未だわからない。

  • 「エルル(Elul)」とは、ウル第1王朝の王の一人のこと。

FAQ 節を編集

  • Q1111 (2014-12-04)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック時空超越G-BT01/097 C イラスト/田所哲平天使じゃない。 よく間違われるだけ。