誓願(せいがん)奉杖(ほうじょう) イアシウス/Mace of Pledge, Iasius》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【Gブレイク】(2) 勇敢(あなたの手札が3枚以下で有効):このユニットが(R)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+6000。
【自】勇敢:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットは【自】(R)】:あなたのターンの終了時、このユニットを手札に戻してよい。』を得る。

 トライスリーNEXTで収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 リアガードサークル登場した時に誘発する2つの領域移動誘発勇敢能力を持つ。

 1つ目の能力リアガードサークル登場した時にパワー+6000を得るジェネレーションブレイク(2)と勇敢自動能力

 ジェネレーションブレイク(2)と勇敢という厳しめな制限付きだが、コストなしで単独パワー16000となる。
 後半の能力と併用する場合はソウルの枚数に注意が必要となるが、《督励の騎士 アルビオン》能力山札からスペリオルコールできるので単体パワー16000の疑似スタンドを狙う用途にも利用できる。

 2つ目の能力は、リアガードサークル登場した時にソウルブラスト(1)で、『ターンの終了時に自身を手札に戻せる自動能力』を得る勇敢自動能力

 勇敢さえ有効となっていれば、《ホープソング・エンジェル》を起点に3ターン目での利用ができ、そうすることでライド事故の回避や超越スキルコストの確保に利用できる。
 ただし、3ターン目で《ホープソング・エンジェル》を起点とする場合はソウルが2枚以上必要となる点に注意しておきたい。

 その他にも《たまみー》を併用して一時的なブースト役として運用する場合にも、後で処理する手間を省けるのでき、ジェネレーションブレイク(2)が有効になった段階であれば、1つ目の能力を再利用する用途でも利用できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2015 (2016-12-08)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まずGユニットの移動を同時に行ないます。その後、解呪、デリート解除がすべて同時に行なわれ、その後、「解呪」等で誘発した能力とGユニットが移動したことによって誘発した能力が解決されます。それらが終わったら、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。

収録情報 節を編集

キャラクターブースタートライスリーNEXTG-CHB01/024 R イラスト/篠丸峰山苦戦しているようだな。私が手を貸してやろう。