旋風(せんぷう)のブレイブ・シューター/Whirlwind Brave Shooter》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
アクアフォース - アクアロイド パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【ソウルブラスト】(1)] このユニットがアタックした時、そのターンで3回目以降のバトル中なら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、【自】(R)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。』を得る。

 風華天翔で収録されたグレード1のアクアフォース

 ジェネレーションブレイク(1)は、アタックした時にソウルブラスト(1)でパワー+5000と『ヴァンガードヒットした時にダメージゾーンカード1枚を表にする自動能力』を得る自動能力

 使えるタイミングが遅い上に要件でそのターンで3回目以降のバトルを要求するが、ソウルブラスト(1)でパワー+5000を得ながらガード強要になる能力を得られる。

 【アクアフォース】であれば《カップルダガー・セイラー》《ホイール・アサルト》等でバトルの回数は要件は十分に満たせる。
 単独でパワー12000に到達することが可能なので、インターセプト潰しや同時に得る能力を用いたガード強要等の役割を果たしやすい。

 パワー7000のグレード1であることで、能力を使わずブースト役として使っても十分な働きを期待できる。
 あくまでも緊急時のアタック要員と割りきることも必要となる。

 ほぼ同じ要件コストを要求する《マインドアイ・セイラー》アタック時の最大パワーで劣る。
 ガード強要力で勝るのでカウンターブラストを多用するデッキで採用したい。

 コストソウルブラストは、《発光信号のペンギン兵》《哨戒遊泳のクラゲ兵》《伝令任務のカモメ兵》等とコストの競合が起こりやすい。
 それらを含めてどれを優先するかよく吟味したいところ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“アクアフォース”の決死隊ともいうべき部隊の一員であり、如何な敵が相手でも躊躇わずに戦う勇敢な戦士。
旋風の名を任された「ブレイブ・シューター」は、階級を上等兵とし、最新式の小型ハイドロエンジンを搭載した武器を支給される。
彼らに支給されているのは「HE搭載水斬式回転剣(みずきりしきかいてんけん)」という武器であり、攻撃を外した場合は手元に戻ってくるが、当たった場合は回収しない半消耗品である。
いわゆるブーメランであり、投げると同時に棒状からくの字に変形し、ハイドロエナジー製の刃を生成する。
大戦と呼ばれるような激しい戦いが減っても、クレイから争いそのものが絶える事はなく、そこには必ず命のやり取りが発生する。
故に、彼らは決死隊であり続ける。否、あり続けなければならないのだ。

FAQ 節を編集

  • Q1155 (2015-02-19)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1164 (2015-02-19)
    Q. そのターンで3回目以降のバトル中や4回目以降のバトル中とは、3回目や4回目のバトル中も含まれますか?
    A. はい、含まれます。3回目以降であれば3回目、4回目以降であれば4回目のバトルも含まれます。

収録情報 節を編集

ブースターパック風華天翔G-BT02/076 C イラスト/パトリシアそこ! 今度は外しません!