抹消者(イレイザー) ツインサンダー・ドラゴン/Eradicator, Twin Thunder Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札からカード名に「抹消者」を含むカードを3枚選び、捨てる] すべてのファイターのすべてのリアガードを退却させ、この効果で3枚以上退却させたなら、そのターン中、このユニットのクリティカル+2。
【自】【(V)】:あなたのメインフェイズ中、相手のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、そのターン中、パワー+3000。

 ファイターズコレクション2014で収録されたグレード3のなるかみ

 リミットブレイクは、カウンターブラスト(2)と手札の「抹消者」のカード3枚のドロップで、すべてのファイターのすべてのリアガード退却させ、3枚以上退却させたらクリティカル+2を得る起動能力

 《アーマーブレイク・ドラゴン》《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》を合わせたような能力と言える。
 《アーマーブレイク・ドラゴン》と比べると退却範囲が広くなり、理想的な状況であれば手札コストに見合うだけのアドバンテージも見込めるが、【抹消者】以外での使用が難しい。

 リアガード退却のみを狙うのであれば手札コストのない《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》を差し置いて【抹消者】で使う意義は見出し難い。
 差別化点となるクリティカル+2の効果をしっかりと活用したい。

 効果で3枚以上退却させる必要があるため、退却に特化し、《妖剣の抹消者 チョウオウ》《必殺の抹消者 オウエイ》等でお互いのリアガードを減らしていく立ち回りはあまり望ましくない。
 自身のリアガード退却させても数に含まれるので、ディスアドバンテージにはなるものの相手が多少コールを控えた場合でも能動的に要件を満たすことはできる。
 《電離の抹消者 カプーニス》を利用すればディスアドバンテージを抑えながら枚数を稼ぐことも可能。

 起動能力ではクリティカルは増えてもパワーは増加しないが、ヴァンガードサークルでのみ有効な《ドラゴンダンサー ストーミ》のような能力を併せ持っており、退却枚数次第で十分なパワーを得られる。
 メインフェイズ中でしか誘発しないが、メインフェイズ外の誘発の代表格である各種ブレイクライドと相性が良くないため、あまり気にしなくてもいいだろう。

 《アーマーブレイク・ドラゴン》および《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》よりカウンターブラストが少ないため、コストの補充が行われなくても2回の使用が可能。
 使用後も相手に全退却クリティカル3のプレッシャーをかけられるのはどちらにもない利点と言える。
 と言っても手札コストが非常に重いため、万が一2回目を凌がれるとこちらの立て直しが極めて難しくなる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q895 (2014-05-02)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q901 (2014-05-02)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q910 (2014-05-02)
    Q. このユニットの【リミットブレイク】能力で自分のリアガードが1枚と相手のリアガードが2枚退却しました。このユニットはクリティカル+2されますか?
    A. はい、クリティカル+2されます。自分と相手のユニットが合計が3枚以上退却しているからです。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2014FC02/014 イラスト/石田バルこれが……オレの怒りの雷だーッ!!