天鱗水将(てんりんすいしょう) タイダルボアー・ドラゴン/Marine General of the Heavenly Scales, Tidal Bore Dragon》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れることができない)
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
(超越した時、ハーツ1枚のパワーとカード名を得る。このユニットは、ターンの終わりに表で戻る)
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、そのターンで3回目以降のバトル中なら、1枚引き、あなたの手札から1枚まで選び、(R)にコールする。

 海神の蒼騎兵で収録されたアクアフォースGユニット

 アタックヴァンガードヒットした時にそのターンで3回目以降のバトル中なら1枚ドローし、手札から1枚までスペリオルコールする自動能力を持つ。

 《天翔ける瑞獣 麒麟》に近い能力ではあるが要件で3回目以降のバトルを要求する。
 誘発に成功し、要件も満たせばドローアドバンテージを得られるだけでなく、バトルフェイズ中に手札からのスペリオルコールを行うことができる。

 スペリオルコール手札からなので直接的にはアドバンテージにはならず、有効活用するためには疑似スタンドを狙うこととなる。
 とはいえユニットのいるリアガードサークルスペリオルコールをすると、ユニットの重複処理が発生するので1:1交換となってしまう。
 アドバンテージを維持するには《士官候補生 アレキポス》等を利用してバトルフェイズ中にユニットがいないリアガードサークルを確保する等の工夫が必要になる。

 ドロー効果の後に「手札から0枚を選ぶ」ことでスペリオルコールしない選択肢もあるため、状況をよく考慮した上で使用するかどうかを判断したい。

 《士官候補生 アレキポス》以外では、「サヴァス」のカードハーツ化して《ケルピーライダー ペトロス》を利用することによって、無駄なくユニットのいないリアガードサークルスペリオルコールして疑似スタンドが狙える。

  • アタック時の台詞は「巨大なる火砲で、我が軍勢がゆく道を切り開け! ギガンティック・バースト!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“アクアフォース”の少佐「マックス」が「超越」を発動した事で呼び出した謎の海竜。召喚時は暴走状態にあった為、階級などの詳細は不明。後に“ギアクロニクル”によって、未来の存在である事と、異名を含む名前のみが判明する。現存する最大級のティアードラゴンを超える巨体の持ち主であり、全身の至る所にハイドロエンジン備蓄用のタンクと、高出力の武装を備える。巨大兵器もかくやという悪夢のような戦士だが、巨体故に小さな的を狙うのは不得手らしく、サヴァスに攻撃を当てる事は最後まで適わなかった。

FAQ 節を編集

  • Q1138 (2015-01-21)
    Q. そのターンで3回目以降のバトル中や4回目以降のバトル中とは、3回目や4回目のバトル中も含まれますか?
    A. はい、含まれます。3回目以降であれば3回目、4回目以降であれば4回目のバトルも含まれます。

収録情報 節を編集