天上(てんじょう)主神(しゅしん) アマテラス/Chief Deity of the Heavens, Amaterasu》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
オラクルシンクタンク - ノーブル パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(8):[【カウンターブラスト】(1)] あなたの山札の上から5枚見て、3枚まで手札に加え、残りのカードをそれぞれ山札の上か下に好きな順番で置く。そのターン中、このユニットは【自】(V)】神託:あなたのドライブチェックでトリガーユニットがでた時、そのターン中、あなたの前列のユニットすべてのパワー+5000。』を得る。

 ファイターズコレクション2017で収録されたオラクルシンクタンクGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)で、デッキトップ5枚から3枚まで手札に加え、残りを山札の上か下に好きな順番で置き、『ドライブチェックトリガーユニットがでた時に前列ユニットすべてにパワー+5000を与える神託自動能力』を得るジェネレーションブレイク(8)の起動能力を持つ。

 使えるタイミングは極端に遅いが、山札の操作を兼ねた手札補充を行いつつ、それを活かす能力を得られる。

 単発効果デッキトップ5枚から3枚までを手札、残りを山札の上か下に置くというもので、次にドローソウルチャージするカードドライブチェックで出る予定のカードを制御し、継続効果で得る自動能力を補助できる。
 基本的にはデッキトップから見たノーマルユニットは可能な限り手札に加え、残りはデッキボトムに置くことになるので手札については山札の枚数が5枚以下でない限り、デッキトップトリガーユニットを3枚置くことに成功した場合は2枚、それ以外の場合なら3枚増やせることになる。
 山札についてはGゾーンの表のカードを稼ぐ過程でノーマルユニットを十分に減らした上で利用する直前に可能な限り近いタイミングでトリガーユニットを補充しておくといった下準備を済ませておくのが望ましい。
 オラクルシンクタンクトリガーユニットの内、自力で山札に戻せるカードはいくつか存在しているが、《バトルシスター まふぃん》は直前に使えるが1枚分のディスアドバンテージを発生させるので神託の有効化を阻害する可能性があり、《ネビュラウィッチ ノノ》は1:1交換であるがタイムラグがあるので少なくとも2ターン前に利用しておく必要がある点に注意しておきたい。

 ドライブチェックで出るように調整してデッキトップに置くトリガーユニット3枚は、使えるタイミングを考慮すると決定打に繋がるクリティカルトリガースタンドトリガーを優先して組み合わせることになる。
 必ずしも狙えるわけではないが、最大5回のバトルが狙えるように2枚をスタンドトリガー、残り1枚をクリティカルトリガーで組み合わせたい。
 さらに理想をいえば、それらのトリガー効果目標として《交感の斎女 ナズナ》《振鈴の斎女 オウカ》能力を与えた《一利の斎女 ナナセ》のような単体で強力な決定力を持つリアガードも用意しておきたいところ。

 継続効果で得られる能力では、ドライブチェックトリガーユニットが出た時にトリガー効果とは別に前列ユニットすべてにパワー+5000を与えるというもの。
 このカードドライブチェックトリガーユニットが3回出たと仮定した場合、トリガー効果とは別に前列ユニットパワー+15000、例え1回でもパワー+5000を与えられる。

 誘発条件ドライブチェックの結果に依存していることに加えて神託の制限もあるが、単発効果手札が5枚以上になるように補充しつつ、デッキトップトリガーユニットを狙って置くことができるので、ある程度は狙ってパワーの増加を見込める。
 このカードアタックしたバトル中に前列ユニットすべてのパワーを増やすのでこのカードは基本的に1回目のバトルを担当することになるが、単発効果スタンドトリガーデッキトップに置くことに成功している場合には2~3回目のバトルを担当させることになる。

 能力を最大限に活かすのであれば、前列リアガード2枚とドライブチェックで出たカードの枚数を含めずに手札5枚を維持する必要があるため、単純に単発効果で補充する前の時点で手札が1枚以下である場合、それ以上でも左列右列リアガードいない等のノーマルコールで補充せざる負えない状況に陥っている場合は注意しておきたい。
 仮に手札フィールドの状態に問題がない場合でも、Gゾーンの表のカードを大幅に増やす手段が乏しいと、Gゾーンの表のカードが7枚以上になる頃にはデッキアウトに陥る危険性が高いので、なるべくフィニッシュを狙うのが望ましい。

 また、「アマテラス」のGユニットでもあるので、《荒神の霊剣 スサノオ》の2つ目の自動能力要件を満たすために《エキサイトバトルシスター みろわーる》《ヒートエレメント メランドル》等のコストで表にするといった使い方もある。
 《導きの天神 ワカヒルメ》《八千代の日輪 アマテラス》を表にする場合と比べると、コストGペルソナブラストを含まないので《導きの天神 ワカヒルメ》を腐らせたり余分に入れることもなければ、Gガーディアンを持たないのでスペリオルコールできるGユニットの枚数が減るといった難点がない点で優れている。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2179 (2017-05-02)
    Q. この能力のパワー増加は、この能力を使ったあとにコールされたユニットに対しても適用されますか?
    A. いいえ、されません。この能力を解決した時にいたユニットにのみ適用されます。
  • Q2184 (2017-05-02)
    Q. 自動や起動の神託能力を解決したあと、手札が4枚以下になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階で手札が5枚以上あるなら、その後に手札が4枚以下になってもその効果が失われることはありません。
  • Q2185 (2017-05-02)
    Q. このユニットは神託能力を持つユニットですか??
    A. 「神託能力を得る」などであれば、能力を得た後は神託能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、神託能力そのものは持っていないため神託能力を持つユニットではありません。
  • Q2199 (2017-05-02)
    Q. 手札が4枚の状態で、ドライブチェックでトリガーユニットがでた時、効果を使えますか?
    A. いいえ、ドライブチェックでトリガーユニットをめくった時点では、そのトリガーユニットは手札に加えられていないので使えません。
  • Q2858 (2018-10-05)
    Q. “トリガーユニットがでた時”の『神託』の自動能力は、手札が4枚の時にアタックし、ドロートリガーの効果で手札が5枚になった場合は発動しますか?
    A. いいえ、発動しません。“トリガーユニットがでた時”の『神託』の自動能力は、トリガーユニットの効果が発動する前のタイミングである、トリガーユニットがトリガーゾーンに置かれた時点での手札の枚数を参照します。この場合、トリガーユニットがトリガーゾーンに置かれた時点では手札は4枚であり、『神託』の条件は満たされていないため、自動能力は発動しません。
  • Q2859 (2018-10-05)
    Q. 起動能力を使用し、『神託』の自動能力を得たこのカードは、“神託能力を持つヴァンガード”として参照できますか?
    A. はい、できます。ただし、起動能力を使用する前までは“神託能力を持つヴァンガード”ではありません。
  • Q4029 (2018-10-05)
    Q. “トリガーユニットがでた時”の『神託』の自動能力は、手札が4枚の時にアタックし、ドロートリガーの効果で手札が5枚になった場合は発動しますか?
    A. いいえ、発動しません。“トリガーユニットがでた時”の『神託』の自動能力は、トリガーユニットの効果が発動する前のタイミングである、トリガーユニットがトリガーゾーンに置かれた時点での手札の枚数を参照します。この場合、トリガーユニットがトリガーゾーンに置かれた時点では手札は4枚であり、『神託』の条件は満たされていないため、自動能力は発動しません。
  • Q4030 (2018-10-05)
    Q. 起動能力を使用し、『神託』の自動能力を得たこのカードは、“神託能力を持つヴァンガード”として参照できますか?
    A. はい、できます。ただし、起動能力を使用する前までは“神託能力を持つヴァンガード”ではありません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/002 GR イラスト/ひと和貴方に勝機はありません。覚悟をお決めなさい!