伏魔忍妖(ふくまにんよう) ウシミツトレイン/Ambush Demon Stealth Fiend, Ushimitsu Train》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
むらくも - ゴースト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのリアガードを1枚選び、あなたの山札からそのユニットと同名のカードを2枚まで探し、別々の(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットを山札の下に好きな順番で置く。

 覇道竜星で収録されたむらくもGユニット

 アタックヴァンガードヒットした時に山札からリアガード1枚と同名のカードを2までスペリオルコールし、そのターンの終了時にこの効果スペリオルコールされたユニットデッキボトムに置く自動能力を持つ。

 2枚分の疑似スタンドが行えるが、2枚をスペリオルコールしながらターンの終了時の時限誘発スペリオルコールしたユニットデッキボトム送りにしなければならないのが欠点となる。

 グレード2以上の前列要員をスペリオルコールしたい場合、少なくとも効果の目標として選ぶ1枚がフィールドに存在する以上ほぼ間違いなく1枚はユニットの重複処理退却させることになってしまうので、ディスアドバンテージに加えてそのユニットに先にアタックさせておく必要が出る。
 グレード1以下のカードスペリオルコールしても、大半は合わせてシールド5000しか要求できず2枚という点を活かしたリターンが得られない場合が起こりやすい。

 ターンの終了時の時限誘発デッキボトムに置かれるユニットユニットの重複処理退却させる形でスペリオルコールするのであればディスアドバンテージは無い。
 しかし、ドロップゾーンに置かれてしまうと後々再利用が難しくなるリスクを伴うので一概にそうすれば良いとも言い切れない。

 一応、左後列と右後列ユニットがいない状態にしておき、左前列と右前列ブースト要員の確保を狙うならばユニットの重複処理等の問題はなくせる。
 この場合は、疑似スタンドを狙うこともできなくなり、前列《天竺の忍鬼 トクベエ》《忍竜 ヤシャバヤシ》等の単独パワー11000以上に達することができるカードで固めていなければ、誘発させることができなかった場合に何らかのユニットヒットが狙えなくなる可能性が大幅に高まるというリスクがある。
 このリスクに関しては《忍竜 マンジシューター》《烏羽の忍鬼 フゲン》等を併用することでいくらか抑えられるのでそちらも併用するようにしたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「丑三(うしみつ)」とは、午前2時頃から午前2時30分頃までの時間帯を指す。妖怪や魔物が跳梁するのにふさわしい時と考えられている。

FAQ 節を編集

  • Q1312 (2015-05-28)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q1314 (2015-05-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1321 (2015-05-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1344 (2015-05-28)
    Q. このユニットの能力でコールしたユニットが、そのターン中に、ドロップゾーンに置かれました。ターンの終了時に、ドロップゾーンに置かれたそのカードを山札の下に置きますか?
    A. いいえ、置きません。コールしたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、コールしたカードとは別のカードとして扱われます。
  • Q1345 (2015-05-28)
    Q. 複数のカード名を持っているカードを選んだ場合、探してくるカードはどうなりますか?
    A. 選んだカードが持っているカード名のうち、いずれか1つと同名であるカードを探してくることができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/032 R イラスト/Kotakan絶望行き最終列車、乗り遅れにご注意ください。