《ナイトメアドール ちぇるしー/Nightmare Doll, Chelsea》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ペイルムーン - ワーカロイド パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から「ナイトメアドール ちぇるしー」を1枚選び、捨てる] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのソウルから《ペイルムーン》を2枚まで選び、別々の(R)にコールする。
【自】【(V)】:このユニットが《ペイルムーン》に【ブースト】された時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 黒輪縛鎖で収録されたグレード3のペイルムーン

 リミットブレイクは、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時時にカウンターブラスト(2)とペルソナブラストで、ソウルからペイルムーンを2枚までスペリオルコールする自動能力

 発動できる時点でユニットのいないリアガードサークルがあることは少ないのが難点だが、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時時というタイミング、そしてユニットのいるリアガードサークルにもスペリオルコールが可能なことから疑似スタンド能力としても実用できる。
 ドライブチェックを行った後になるため、コストに含まれるペルソナブラストも多少は確保しやすい。

 器用に使える反面、普通に使っても「合計カード2枚分相当のコストソウルを使っての、2枚のスペリオルコールあるいはシールド10000を消費させる疑似スタンド」と、アドバンテージを得る形になりにくいのが難点。

 《パープル・トラピージスト》を絡めてスペリオルコール枚数を増やす場合、ドライブチェック後になるのがネックとなってトリガー効果を与えにくい状況が生まれる点に注意が必要。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“ペイルムーン”サーカスに加わったばかりの巨大自動人形。手にした籠は「ヘルズ・バスケット」という人造魔具で、異能力者から抽出した力を本体では無くこちらに内蔵している。その為、能力を使用する度に魔力を消費する他のナイトメアドールより燃費が良いらしい。魔具から無尽蔵に作り出される液状魔獣を制御する為の手綱として造られたので、本体の戦闘能力はそれほど高い訳では無く、サイズも若干縮小されている。しかし、外装等にかける作業量が減少した事で、幕間程度の時間で緻密な魔力操作を可能にするほどの微調整を行えるようになったという利点も生じている。彼女達は機械仕掛けの自動人形、ナイトメアドール。硬く冷たい身体に仮初めの心を与えられた人造乙女。命知らずのサーカス団で、今日も組み込まれた動作を淡々と、ただ淡々と披露する。

FAQ 節を編集

  • Q528 (2013-07-05)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q538 (2013-07-05)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック黒輪縛鎖BT12/019 RR イラスト/かわすみすごいでしょ、これは魔法の(バスケット)なの。