《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》(アクセル) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
なるかみ - サンダードラゴン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【カウンターブラスト】(2)] することで、そのターン中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。相手の前列のリアガードが2枚以上なら、クリティカル+1のかわりに、このユニットがアタックする際、相手の前列にいるユニットすべてとバトルする。

 宮地学園CF部で収録されるグレード3のなるかみ

 コストはかなり重いが、相手前列リアガードが1枚以下なら、自身のパワークリティカルの増加が行える。
 とはいえ、パワーの増加量は控えめでヒットを狙うのは些か難しく、あくまでもガード強要の1つと考えたい。

 相手前列リアガードが2枚以上ならクリティカル+1を得る代わりにアタックする際に前列ユニットすべてとのバトルが行えるようになる。
 それにより、相手ヴァンガードバトルによるダメージを狙うと同時に、相手前列リアガードにはバトルによる退却をそれぞれ狙うことができる。
 《轟雷跋扈のワイバーン》《リザードソルジャー リキ》(Vシリーズ)等を利用して前列後列リアガード移動することで使用したい方を選ぶのも良いだろう。

 カード効果による退却と異なり、《プロミス・ドーター》(Vシリーズ)等のカード効果退却しないリアガードを処理できるが、なるかみの得意とする相手リアガードバインドによる処理は元よりこれらの影響を受けず、《ダストプラズマ・ドラゴン》(Vシリーズ)《ライジング・フェニックス》(Vシリーズ)といったサポートを受けられないので、純粋なリアガードの処理方法としては見劣りする場合の方が多い。

 《ドラゴニック・デスサイズ》(Vシリーズ)《レックレスネス・ドラゴン》(Vシリーズ)等で相手前列リアガードを処理した後に《リザードソルジャー リキ》(Vシリーズ)等の移動能力に繋げて後列に置かれていたリアガード退却まで狙う使い方を視野に入れたり、ギアクロニクルが持つバインドゾーンカードの活用を行う相手カード能力を補助しない点で差別化を図りたい。

 また、アクセルにより相手前列リアガードサークルが3つ以上に増えている場合は、4枚以上とのバトルも狙える可能性があることからコスト効率の向上が期待できる。

 プレミアムスタンダードでは、コストの重さこそ気になるものの、バトルによる退却抵抗を持つリアガードの処理を行えたり、《クラウンホルダー・ドラゴン》等のサポートを得られる様になるので、相手リアガードバインドと差別化しやすくなる。

 また、《ドラゴニック・カイザー・クリムゾン》シークメイトの指定カードとなる。
 リミットブレイク能力関連のサポートを共用できない点や相手前列リアガードが1枚の場合に複数枚のユニットと同時にバトルできない点では《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》に劣るものの、元々のパワーパワー増加効果の数値ではこちらが優れる。

 「カイザー」のサポートを受けられるハーツ化が可能ななるかみの中でも、Gユニット超越を積極的に狙うのであれば、元々のパワーの高さに加えてアクセルを獲得できるだけ、このカードは優秀といえる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック宮地学園CF部V-BT03/023 RR デザイン:竜徹 イラスト:TODEE皇帝に歯向かった愚行、真紅の雷で償わせてやろう!