《デスワーデン・アントリオン/Death Warden Ant Lion》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
メガコロニー - インセクト パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:あなたのメインフェイズ開始時、【ソウルチャージ】(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【起】【(V)/(R)】:[【ソウルブラスト】(8),【カウンターブラスト】(5)] 相手のリアガードすべては、次の相手のスタンドフェイズ中、【スタンド】できない。

 虚影神蝕で収録されたグレード3のメガコロニー

 メインフェイズ開始時に行うソウルチャージは、自身の能力だけでなく、《マスター・フロード》能力を積極的に使いたい場合にも重宝する。
 同時にパワー+2000を得るので《シザー・フィンガー》等のブーストパワー22000ラインを形成することができる。

 起動能力メガブラスト相手リアガード全てのスタンドを封じることができる。
 相手リアガードが揃っている場合、次のターンで本来できるリアガードアタックヴァンガードブーストを封じられるため、防御的に大きなアドバンテージになる。

 また、全てのリアガードに影響を及ぼすが故に、抵抗による妨害は受けない。
 しかし、スタンド封じの弱点である「何らかの理由で相手ターンでもレストしていないリアガード」や、インターセプトや何らかの能力でのリアガードの処分による影響を大きく受けてしまうので、実質的には後列リアガードスタンドを封じる程度で済んでしまう事が多い。
 リアガード3枚程度のスタンド封じであれば、他にも手軽に行うことができるカードも幾つかあるので、今一魅力にかける面がある。

 メガコロニーカウンターブラストを使うカードが多いので、起動能力の使用を狙うなら専用構築になるだろう。
 メガコロニーソウルを溜められるカードはこのカードの他は、《マシニング・モスキート》《メガコロニー戦闘員A》がいるためそれらを上手く活用していきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

砂漠地帯などの極地で猛威を振るう凶悪な怪人。
限定条件下に限るが非常に強力な能力を持ち、同地域の人々を恐怖の底に陥れている。
如何な場所でも一握りの砂があれば精製可能な巨大流砂「熱砂煉獄陣」を使い、目標をじわじわと甚振り尽くす。

  • 「デスワーデン(Death Warden)」とは、「死の番人」を意味する。「アントリオン(Ant Lion)」とは、ウスバカゲロウの幼虫、通称「アリジゴク」の事である。

FAQ 節を編集

  • Q51 (2012-01-14)
    Q. 上の能力の【ソウルチャージ】や、パワー+2000は、必ず発動しますか?
    A. はい。メインフェイズの初めに必ず【ソウルチャージ】(1)し、パワーを+2000します。
  • Q67 (2012-01-14)
    Q. 『[【ソウルブラスト】(8),【カウンターブラスト】(5)]』のコストは、『【ソウルブラスト】(8)』か、『【カウンターブラスト】(5)』のどちらかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック虚影神蝕BT04/031 R イラスト/碧風羽じわじわと、絶望の底に沈めッ! 熱砂煉獄陣(デザートプリズン)