レアリティ [編集]

 そのカードの希少度を示す「レア度」の俗称。
 現在のスタンダードエクスパンションでは、基本的に「RRR」、「RR」、「R」、「C」の順に希少度が高く、その他には不定期追加のコンパチブル専用のレアリティとして「SP」、「Re」が存在している。

 この情報は、ゲーム上では特に意味を持たない情報として扱われる。

  • 上記レアリティの他、新シリーズ(Vスタンダードエクスパンション)では、「VR」、「OR」、「SVR」、「IMR」、「XVR」が、旧シリーズ(あるいはプレミアムスタンダードエクスパンション)では、「LR」、「GR」、「SCR」、「SGR」、「ZR」と称されるレアリティも存在していた。
    • また、エクスパンションのテーマによって当該エクスパンション限定レアリティも存在する(「ЯЯЯ(トリプルリバースレア)」、「WSP(ウェディングスペシャル)」、「RLR(ラミーラビリンスレア)」、「LIR(レジェンドアイドルレア)」、「SSP(スーパースペシャル)」、「ASR(アナザーシークレットレア)」など)。
  • 歌姫の学園以降のエクスパンションでは、1パックにつきCカードが3枚、Rカードが1枚、R以上のレアリティのカードが1枚封入されている。
    • 剣牙激闘以前のエクスパンションでは、1パックにつきCカードが4枚、その他のレアリティのカードが1枚封入されている。
    • 覇道竜星から鬼神降臨までのエクスパンションでは、1パックにつきCカードが5枚、その他のレアリティのカードが2枚封入されている。
  • レア度の高いカードほど強力な能力を持つことが多いが、テクニカルで扱いの難しいカードも多く存在するので、慣れないうちは複雑な能力の少ないCカードの方が扱いやすい場合もある。
    いずれにせよ、レア度からカードの強さを決め付けるのは正しくないと言える。
  • レア度を持たないPRカード(プロモーションカード)も存在する。
    • 何らかの特典であったり、初心者講習会やショップファイトの参加賞として配られることが多い。
    • そのほとんどが限定生産であるため、コンパチブルレアリティより入手困難なものがある。
  • 構築済みデッキの収録カードも独自のコレクションIDが振られており、レア度を持たない。

関連リンク [編集]