邪甲帝王(じゃこうていおう) ウラギラファ “Я(リバース)”》 [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (プロテクト)
メガコロニー - インセクト パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、相手は自分の手札から1枚以上、望む枚数で(R)に【レスト】でコールする。このコールでは【自】能力は発動しない。相手がコールした枚数が、あなたのソウルに「ギラファ」を含むグレード3の枚数より少ないなら、【コスト】[リアガード1枚呪縛する]ことで、このユニットを【スタンド】させる。
【自】【(V)】:あなたのターン中、相手のリアガードが登場した時、【コスト】[リアガードを1枚呪縛する]ことで、そのターン中、あなたの前列のユニットすべてのパワー+15000。

 Vクランコレクション Vol.5で収録されるグレード3のメガコロニー

 1つ目の自動能力は、「Я」前の《邪甲将軍 ギラファ》(プロテクト)と同様、相手にリアガードのコールを強制することができる。

 自動能力を発動させない点も同様だが、コストにリアガードを必要としなくなっている半面、コール枚数が2枚ではなくなり、スタンドフェイズでのスタンドも可能になっているなど、異なる部分が多い。
 もっとも、最低1枚はコールすることには変わらず、2枚以上のコールも可能となっている。
 
 この時、コールする枚数がソウルにあるグレード3の「ギラファ」の枚数より少ないと、追加効果が発生する。

 要件を満たすとリアガード1枚を呪縛することで自身をスタンドさせることができ、ドライブを減らさないのでツインドライブを二度続けて行うことが可能。

 相手による所が大きいが、相手はこの効果を警戒して、必然的にコール枚数を増やすことになるだろう。
 グレード3の「ギラファ」の枚数が増えればスタンドできる確率も上がるため、当然ながら相手はコールする枚数を増やさないとスタンドを阻止できなくなる。

 懸念すべきなのがこのユニット自身、ソウルを増やす能力を持たないことである。他のカードによってソウルを増やすしかない。
 一番の方法はやはり、《邪甲将軍 ギラファ》(プロテクト)グレード3の「ギラファ」をソウルインさせることか。
 そこからライドすれば、ソウルにグレード3の「ギラファ」が2枚揃えられるので狙う価値はあるだろう。

 2つ目の自動能力は、一見相手依存ではあるが、このユニットが持つ1つ目の自動能力によって確実に発動することができる。

 パンプアップさせるには、リアガード呪縛することが条件なので、後列にあるリアガード呪縛して、前列のユニットを強化させるといいだろう。

 クセは強いが、相手の手札を減らす所は《邪甲将軍 ギラファ》(プロテクト)と変わらない。
 ただ、能力を生かすには、ソウルを増やせる《邪甲将軍 ギラファ》(プロテクト)から繋ぐようにするのが堅実的な方法と言える。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズVクランコレクション Vol.5D-VS05/078 RRR 2022 イラスト/ダイエクスト(DAI-XT)裏切りこそ悪の華!我が覇道、ここに窮まれり!
D-VS05/SP12 SP 2022 イラスト/ダイエクスト(DAI-XT)(※なし)