超次元(ちょうじげん)ロボ ダイカイザー》(フォース) [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー13000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:このユニットのパワー35000以上なら、このユニットのクリティカル+1。
【自】【(V)/前列のR】:あなたのドライブチェックでグレード3が出たバトル終了時、そのバトルで相手が守護者を(G)に合計1枚コールしたなら、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、相手のヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。そのターン終了時、このユニットが(R)にいるなら、このユニットをソウルに置く。
【自】:このユニットがライドされた時、このカードを前列の(R)にコールし、イマジナリーギフト・フォースを1つ得て、そのマーカーを(V)に置く。

 Vクランコレクション Vol.1で収録されるグレード3のディメンジョンポリス

 永続能力は、《超次元ロボ ダイユーシャ》(フォース)のものと同じ、クリティカル増加能力。

 フォース・マーカーⅠを3枚以上、ヴァンガードサークルにあれば、自ずと達成できる。
 グレード2からノーマルライドするだけでは達成できないので、能力でフォース・マーカーを獲得できる《次元ロボ カイザード》(Vシリーズ)との組み合わせは必須。
 
 1つ目の自動能力は、いくつかの条件が重なることでヒットさせられずともダメージゾーンを能動的に増やすことができる。
 ドライブチェックグレード3が出ることや、相手が守護者をコールしていることが前提で、やや運任せと言わざるを得ないが、永続能力によるクリティカル増加を達成させていれば、相手は守護者をコールせざるを得ないだろう。
 このユニットがリアガードサークルにある場合も同様で、そのバトルが行われたターン終了時には自らをソウルインできる。
 
 もう1つの自動能力は、自らをスペリオルコールさせつつ、フォース・マーカーを追加することができる。
 もう1枚の《超次元ロボ ダイカイザー》(フォース)をライドしたのであれば、このカードがライドした時に獲得した分も含めて一気にフォース・マーカー3つを揃えられる。

 さらにブーストによるパワーも加われば、《究極次元ロボ グレートダイユーシャ》(フォース)スペリオルライドすることも難しくはないだろう。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズVクランコレクション Vol.1D-VS01/046 RRR 2021 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)ここで決めるぞッ!真向一閃!カイザーブレードッ!
D-VS01/SP07 SP 2021 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)なし
D-VS01/VSR03 VSR 2021 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)なし