(まも)()(もの) ロゼンジ・メイガス・エイペックス》 節を編集

Gユニット  〈4〉
オラクルシンクタンク - エルフ パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から2枚見て、1枚を手札に加え、1枚を山札の下に置く。

 ファイターズコレクション2017で収録されるオラクルシンクタンクGユニット

 ジェネレーションブレイク(1)は、ガーディアンサークル登場した時にカウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のGガーディアン1枚を表にすることで、デッキトップ2枚から、1枚を手札に加え、1枚をデッキボトムに置く自動能力

 直接シールドを増やす効果は含まないが、シールド5000〜10000のカード手札に加えることで間接的にシールドの上乗せができ、ヒールトリガー手札に加えたなら2枚目のスペリオルコールも狙える。
 手札が少ない状況や相手スタンド等によるバトル回数稼ぎを中心とした戦術を利用している状況では、シールド5000のカードが1枚増えるだけでも有難く、非常に頼もしい。
 《アストロージャー ミス・ヘイズ》と同様に1枚でシールドが足りれば実質的な手札の消費を抑えることができるので、《ビームシャワー・タートル》《プレシャス・オフィディアン》等の神託能力を利用しやすくなる。

 手札に加えるカードデッキトップ2枚からの選択となるので、手札に加えられるカードの質はある程度は操作できる。
 仮に不要なカード手札に加えることになっても《ロゼンジ・メイガス・ファイン》コストスペリオルコールした場合は、そのカードグレード1以下のカードでありさえすれば、そちらのドロー能力コストに利用できる。
 そうした場合、結果的にデッキトップから把握していないカードを3枚を処理しつつ、1枚をデッキボトムに置いているので、山札を操作して一周を狙う補助にもなる。

 このカード1枚から捻出できるシールドの期待値としては、直接シールドを得られる《八千代の日輪 アマテラス》等の方が安定しているものの、こちらは手札の枚数に依存しない、手札に加えたカードコールせずに温存できるといった利点があるので使い分けたい。

 こちらの手札の枚数が少ないことで利点を得るカードが多い【ぬばたま】に対しては中々有効であり、特に【オラクルシンクタンク】の天敵ともいえる《六道忍竜 ツクモラカン》に対しては特に有効である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/026 RRR イラスト/萩谷薫選ばれるべき未来の姿、あなたにも見せてあげる。