練磨(れんま)騎士(きし) アレクトス/Knight of Discipline, Alectos》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットがあるなら有効):[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く] 各バトルフェイズの開始時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、そのターン中、あなたのカードの勇敢能力は常に有効になる。
【起】【(R)】勇敢(あなたの手札が3枚以下で有効):[このユニットを【レスト】する] あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+3000。

 天命の聖騎士で収録されたグレード0のロイヤルパラディン

 ジェネレーションブレイク(1)は、各バトルフェイズの開始時にカウンターブラスト(1)と自身のソウルインで、1枚ドローし、そのターン中、勇敢能力を常に有効にする自動能力

 序盤での利用はできないものの、1:1交換のドローを行いつつ、バトルフェイズ以降に利用する勇敢能力の常時有効化が行える。
 手札の枚数に関係なく勇敢能力が使えるようになり、バトルフェイズ中に行ったドロードライブチェック等による手札の増加の影響を受けやすい《規範の騎士 オルハン》《そにっくがる》等は特にその恩恵を受けやすい。

 他のファイターターンでも利用できるので《エスコート・イーグル》《スカウティング・オウル》等も利用できる機会が増えるといった恩恵を受けられる。

 勇敢能力を利用する上で有用な能力であることに加え、《ホープソング・エンジェル》等でスペリオルコールも狙えることから、メインデッキファーストヴァンガードとは別に入れることも検討できる。

 コストでこのカードを消費することになるのでブースト役が1枚減ってしまうことになるが、メインフェイズ中に手札が3枚以下である間に3つ目の能力を利用することができればパワーの損失は軽減できる。

 3つ目の能力は、自身のレストユニット1枚にパワー+3000を与える勇敢起動能力

 勇敢の制限がある点には注意が必要となるが、自身のバトルへの参加と引き換えにパワーの増加が行える。
 効果で選べるユニットには特に制限はないものの、コストパワー5000でブースト持ちであるこのカードレストすることになるので、基本的に同じ縦列にいるユニットは候補から外れ、主に他の縦列にいるユニットパワーを調整する用途に利用することになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2852 (2016-12-08)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも使うことができます。
  • Q2853 (2016-12-08)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2869 (2016-12-08)
    Q. 相手と自分の能力が同時に発動した場合、どう解決すればよいですか?
    A. 同時に自動能力が発動した場合、ターンファイターのものから解決されます。あなたのターンであればあなたの能力から、相手のターンであれば相手の能力から解決されます。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ天命の聖騎士G-TD11/013 イラスト/uni「本当の勇気」は数で測ることができない。
はじめようセットはじめようセット 天命の聖騎士