()ぐるみアイドル アルク/Costume Idol, Alk》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
バミューダ△ - マーメイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4):このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、あなたの手札からグレード3の《バミューダ△》を1枚選び、【レスト】でライドしてよい。ライドしたら、あなたのソウルから「着ぐるみアイドル アルク」を1枚選び、手札に加え、1枚引く。
【自】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの《バミューダ△》のリアガードを1枚まで選び、手札に戻し、そのターン中、このユニットのパワー+5000。
【永】【(V)/(R)】:盟主

 エクストラブースター「歌姫の二重奏」 初回ボックス特典で封入されたグレード3のバミューダ△

 リミットブレイクヴァンガードアタックしたバトルの終了時、手札グレード3のカード1枚をスペリオルライドでき、スペリオルライドしたらソウルから《着ぐるみアイドル アルク》1枚を手札加え、1枚ドローする自動能力

 《解放者 ホーリーシャイン・ドラゴン》のように再ライドを永遠に繰り返すことは不可能だが、直接ライドした後でアドバンテージを得つつ目当てのカード再ライドできるのが特徴。

 ブレイクライドを狙うのはもちろん、2枚目以降の《着ぐるみアイドル アルク》を利用する場合ででも自動能力を使い回して堅実にアドバンテージを得て戦える。
 《扇の舞姫 ミナト》《謎解きの時間 イシル》能力誘発を狙うのも良いだろう。

 また、《プラネットアイドル パシフィカ》であればあちらの起動能力と組み合わせることでブレイクライドを繰り返すことが可能だが、そのために更に《トップアイドル パシフィカ》を要する。
 与えられた能力ヴァンガードサークル登場した時の能力で即座に誘発でき、そこから《トップアイドル パシフィカ》を用意することもできるため、メインデッキの枠を圧迫する点が主な問題となる。

 スペリオルライド先の登場した時の能力を目当てにして、《バミューダプリンセス レナ》《Duo 甘美なる鼓動 ヴィレーヌ》スペリオルライドしてみるのもよいだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q832 (2014-03-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q856 (2014-03-20)
    Q. このカードの【リミットブレイク】能力でソウルにある「着ぐるみ七変化 アルク」を手札に戻せますか?
    A. いいえ、戻せません。「着ぐるみアイドル アルク」のみが手札に戻せます。

収録情報 節を編集

PRカードエクストラブースター「歌姫の二重奏」 初回ボックス特典封入PR/0185 イラスト/西あすかそう、彼女は、千の着ぐるみを着こなす名優。
PRカードバミューダ△サマーバケーションセットPR/0238 イラスト/西あすか悲しみ、喜び、そして愛。 着ぐるみは全てを表現する。
PRカードコミックマーケット88『バミューダ△写真集』付録PR/0330 イラスト/西あすか(※なし)